◇連載◇『人生を豊かにするヒント』Vol.2何気ない日々の連続にある”境界線”

写真拡大 (全4枚)

ALOE連載企画『人生を豊かにするヒント』二回目は、自分の身に起こった体験から大きな学びを得た由記子さんからのメッセージ。何気ない日々の連続が、ふとした瞬間に"境界線"をこえてしまうことがあるということを教えてくれました。当たり前ではない健康な生活を大切に生きるとはどういうことか、由記子さん流の考え方がとてもよく伝わってきます。

由記子さん流『人生を豊かにするヒント』

朝日を浴びて大きく1つ深呼吸。
小鳥のさえずりを聞きながらヨガの太陽礼拝のポーズ。
心地良い時
さぁ一日が始まる。
昨日とは違う新しい一日。

今日は久しぶりのOFFなので、大好きなスイミングで心と身体を解放してゆく。
水底で息を止めてプールの底から水面を
見上げると、射し込む光はゆらゆらと水面を漂う。
私が留まっている世界と別の世界が揺れている。
苦しくなってすっと手を伸ばすともとの
世界に戻った。
その境界は一瞬でたよりないくらい曖昧である。
そんな曖昧な境界を私は最近自分の身に起こったことで体感した。

今日という日は明日に続くであろう一日と信じて疑わなかった。
明日も今日とさほど変わりない日常が私を待っている。
何気なく受診した健康診断でドクターが首を傾げた。
「ここ、この箇所に白い物があるんだよね。」
そこから先のドクターの言葉は私をすり抜けていった。
ーそんなはずはない、私は自らの身体に自信を持っていた。ー
“健康な人’と”患者”の境界をいとも簡単に越えてしまった瞬間だった。
何をおろそかにした訳ではない昨日迄は”健康な人”で今日からは”患者”。
今日は明日に繋がらなかった。
「精査が必要です。」最後に聞いたドクターの言葉。
曖昧な境界を行ったり来たり・・

手を伸ばしてすっと浮き上がりたい。水面はすぐそこだから。

ー幸いにも精査の結果は陰性だった。
結果が出る迄の時間は私に色々なことを
突き付けてきた。

人生を考える良い時間ともなった。
精査の間、私は家族、友人の笑顔に励まされ救われた。

向けられた笑顔は人の気持ちを優しく包み、癒やす力があった。時に言葉よりも。

そんな体験から今度は私の笑顔で他の人を癒すことができたらなと。
素敵な笑顔を向けることができるよう、心と身体のメンテナンスは大切であろう。
心と身体のトレーニングの為のヨガと水泳。

そして今日という日を丁寧に送ってゆく。

素敵な笑顔は健康な心と身体あっての物。
境界線は突然現れるということ、今日の日は明日に繋がらないこともある。

だからこそ今日を丁寧に生きてみる。
境界を意識し、すっと境界を越えてゆく為の心と身体のバランスを保つ為のトレーニング。
いつまでも健康で美しい笑顔をたたえられる自分を理想とし、今日もヨガに親しむ。

しなやかな心と身体を得る為に。

*あなたもALOE読者にメッセージを届けてみませんか?

イキイキと過ごす女性が増えてほしい。ALOEはそんな編集部の想いが詰まったメディアです。

毎日を楽しく過ごすために心がけている人や、豊かな人生への自分流メソッドがある方は、連載にてご紹介させて頂きたく思います。

是非編集部までそのメッセージをご提供ください。

連載に応募する