8月8日は水瓶座の満月 個性への恐れを手放して、自分らしさを自由に発揮しよう!

写真拡大

 8月8日は満月です。満月は達成、成就のとき。さまざまな結果が出やすい時期なので、新月で決めた夢や目標の進み具合を見つめ直すことに適しています。満月で、不調和なものや改善点が見つかったら、欠けゆく月の期間で手放していきましょう。

■今回の満月の特徴は?

【満月が起こる場所】水瓶座
【満月になる時刻】8月8日3:11
【射手座満月のキーワード】「オリジナリティ」「未来志向」「発明」「友人・グループ」「革命的」……etc.

 今回の満月は、部分月食の満月。通常の満月よりも大きな運気の区切りとなります。しかも日本からも観測できるため、より強くエネルギーを感じることが多いでしょう。

 一度、欠けたり消えたりしてから、再びすべての姿があらわれる「食」の現象は、古来、生まれ変わりにもたとえられてきました。特に、今回の月食満月は「先祖から受け継いだもの」や「転生にまつわる記憶」など、潜在意識や自分の魂に眠っている神秘的なものへアクセスできそうなイメージです。

 そこへ水瓶座エリアでの満月エネルギーが働くため、「いかに自分独自の才能を発掘するか」「血族から受け継いだ個性は何か」などが、今回の月食が投げかけてくるテーマになりそう。そこを掘り下げると、金銭的な報酬や才能に見合った仕事などが与えられそうな暗示です。

 この月食満月エネルギーをよりよく生かせるよう、「自分らしさ」や「自由に生きること」を阻害するものを、潜在意識レベルで手放していきましょう!

■水瓶座満月にオススメの手放しテーマ

 満月の夜は自分の無意識へと光が届くとき。水瓶座の満月は、「個性・独自性に関する問題」「仲間に関する問題」などを手放すのに適しています。自分の心の深いところに光を当てて、改善していきたいものを探ってみましょう。

★水瓶座満月の手放しテーマ★
「独特のアイディアは思いつくのに、行動ができない」
「自説にこだわりすぎて何にでも反論してしまう」
「自分や他人の深い感情に寄り添わないし、見ようとしない」……etc.

 これらの特徴に思い当たったら、手放しを誓ってみましょう。

■水瓶座満月の改善ワーク

 不必要なものを手放したあとは、その空いたスペースに満月のパワーを満たしていきましょう! 今回は下記のような水瓶座的長所にフォーカスして改善を誓ってみてください。

★水瓶座満月の改善ワーク★
「自分が生まれ持った個性や独創性を信頼する」
「過去より未来を見つめて自由に生きる」
「人それぞれの違いを博愛的に受け入れる」……etc.

 手放し&改善ワークは、月の光を浴びながら心の深いところまで月光がしみこんでいくイメージでおこなうと、より効果的です。万一の曇りや雨で月が見えなくても、満月のパワーは地上に降り注いでいます。雲の向こうにある満月に思いを馳せて、そのエネルギーを感じてみましょう。

 そして水瓶座満月は、グループ活動にラッキーがあるときです。特に今回は、才能やお金に関するスクールや交流会などに行くと、いい情報や人に出会えそう。月食満月の生まれ変わりパワーを活かせるよう、これまでやりたかったことや、なりたかった自分に関係ある場所に出かけてみるのがオススメです。

 2017年は、この水瓶座月食満月をはさんで、前後に獅子座新月が2回起こります。水瓶座と獅子座に共通するものは、「個性」や「独自性」の表現。ここに月食や日食が重なるということは、「自分を自分らしく輝かせることが大切」という強力なメッセージ。この星回りを活かすべく、「自分らしい人生を邪魔するもの」を積極的に手放してみてくださいね!
(永沢蜜羽)※画像出典/shutterstock