『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』 ©暁佳奈・京都アニメーション/ヴァイオレット・エヴァーガーデン製作委員会

写真拡大

京都アニメーション制作の新作アニメ『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』が、2018年1月からNetflixで配信される。

【もっと大きな画像を見る】

『けいおん!』『涼宮ハルヒの憂鬱』『らき☆すた』などを手掛けた京都アニメーションによる新作となる『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、同社が2009年から主催している小説コンテスト『京都アニメーション大賞』で最高賞にあたる大賞を初めて受賞した暁佳奈の同名小説が原作。かつて「武器」と呼ばれた少女ヴァイオレット・エヴァーガーデンが、戦場を離れたCH郵便社で、文字を書けない人や想いを伝えたい人に代わって気持ちを言葉にして届ける「自動手記人形」という仕事に出会い、人々の心と向き合いながら様々な感情や愛の形に触れていく、という物語だ。

監督を務めるのはアニメ『境界の彼方』などの石立太一。シリーズ構成を『けいおん!』『ガールズ&パンツァー』などを手掛けた吉田玲子、キャラクターデザインを高瀬亜貴子が担当する。

主人公のヴァイオレット・エヴァーガーデンを声を演じるのは、『進撃の巨人』のミカサ役などで知られる石川由依。ヴァイオレットの後見人であるクラウディア・ホッジンズ役に子安武人、ヴァイオレットの親代わりとなるギルベルト・ブーゲンビリア役を浪川大輔、ヴァイオレットの同僚であるカトレア・ボードレール役に遠藤綾、同じく同僚のベネディクト・ブルー役に内山昂輝がキャスティングされている。主題歌はTRUEの“[Sincerely]”。

同作は2018年1月から日本で配信され、春に全世界での配信がスタートする。