STU48 (C)モデルプレス

写真拡大

【STU48/モデルプレス=8月5日】4日から6日にかけてお台場・青海周辺で「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」が開催中。2日目となる5日、国内6番目の48グループとなるSTU48が出演した。

【さらに写真を見る】STU48、東京で初パフォーマンス 指原莉乃・岡田奈々ら7曲堂々披露/ソロショットも多数!フォトギャラリー

◆初東京ライブに


HOT SUMMERスタジアムで行われた「HOT STAGE」に、お台場の暑さも落ち着いた夕刻に登場。

『会いたかった』で会場のボルテージを上げると一転、初オリジナル楽曲の『瀬戸内の声』で熱気漂う会場に清涼感溢れる風を吹き込んだ。

今回、グループにとっては初の東京でのライブ。MCでは、元NMB48の薮下柊の妹・薮下楓が「初の東京ということでぶちかましていこうかなと!体力つけるためにめちゃくちゃ筋トレしてきたんで」と意気込み、支配人兼メンバー(HKT48と兼任)と指原莉乃が「良いね!吉本感強いね」と突っ込む場面も。

福田朱里は「瀬戸内の魅力を伝えるために瀬戸内のシャンプーとボディーソープを使ってきました」とアピールし、会場中が香りを嗅いで盛り上がった。

そして、『言い訳Maybe』『ポニーテールとシュシュ』『12秒(HKT48)』『フライングゲット』『大声ダイヤモンド』と先輩グループのヒット曲を軽やかに続けてパフォーマンス。11月1日に迫るメジャーデビューを前に、STU48の歴史に残る初東京ステージとなった。

また、活動の拠点とする瀬戸内7県ツアーの決定を瀧野が発表。9月29日の徳島県を皮切りにまわる。

◆涼しくなるパフォーマンス


ステージ前の公開収録『この指と〜まれ!TIF歌謡祭2017』でも、一足先に『瀬戸内の声』を歌唱していたSTU48。

パワフルなパフォーマンスが多いアイドル楽曲の中で、透き通った声が響くバラードは存在感を示しており、MCの土田晃之も聞いた後、指原(この際はパフィーマンスに不参加)とともに「涼しくなった」とコメント。「何あの子たち、瀬戸内の風吹かせてる!」と驚いていた。

◆「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」


「TOKYO IDOL FESTIVAL(以下、TIF)」は、お台場、日本の夏の風物詩となっている世界最大のアイドルイベント。昨年に引き続き、ジャパニーズポップカルチャーである"アイドルカルチャー”を世界に発信し創出するターミナル「TOKYO IDOL PROJECT」が主催となり、人気アイドルが多数出演し、それぞれ最高のパフォーマンスを繰り広げる。

昨年は、3日間で300組のアイドルと延べ7万5千人超のアイドルファンを動員し、8回目となる2017年も勢いをそのままに3日間にわたって開催。ステージ数も過去最大の9ステージになり、昨年以上の盛り上がりと新しいコンテンツを展開する。

今年は始めて指原莉乃がチェアマンを務め、初日はSMILE GARDENの佐々木彩夏よりスタートし、メインステージのトリは私立恵比寿中学が飾った。2日目以降も欅坂46(欅坂46+けやき坂46)や、TIFの舞台で初お披露目となる指原のプロデュースによる=LOVEが登場。最終日はTIF初出演となる乃木坂463期生がヘッドライナーを飾る。(modelpress編集部)

■出演メンバー


石田千穂・石田みなみ・磯貝花音・市岡愛弓・今村美月・岩田陽菜・岡田奈々・門脇実優菜・指原莉乃・佐野遥・瀧野由美子・土路生優里・福田朱里・藤原あずさ・森香穂・薮下楓

■セットリスト


☆センター
1.会いたかった
2.瀬戸内の声(☆瀧野由美子)
3.言い訳Maybe(☆岩田陽菜)
4.ポニーテールとシュシュ(☆瀧野由美子)
5.12秒
6.フライングゲット(☆岡田奈々)
7.大声ダイヤモンド

【Not Sponsored 記事】