『コード・ブルー』新人チームがボーダー被り(画像は『新木優子 2017年8月4日付Instagram「3人ともたまたまボーダー被り」』のスクリーンショット)

写真拡大

2008年7月期のファーストシーズン、10年1月期のセカンドシーズンに続き、現在放送中の連続ドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON』(フジテレビ)。メインキャストに加えて、サードシーズンから新たに加わった3人が、「たまたま被った」というボーダーのトップスを着たスリーショットをそれぞれのインスタグラムで公開している。これにはフォロワーから「可愛すぎる」「仲がいい」などの反響があった。

【この記事の他の写真を見る】

ドクターヘリ医療の最前線を描く同作では、日々悩みながらもフライトドクターとして職務や患者に真摯に向き合う藍沢耕作(山下智久)、白石恵(新垣結衣)、緋山美帆子(戸田恵梨香)、藤川一男(浅利陽介)、フライトナース・冴島はるか(比嘉愛未)が物語の軸になっている。ファーストシーズンとセカンドシーズンで成長を遂げた彼らは、7年ぶりとなるサードシーズンで後輩を指導する立場になった。彼らが属する「翔北救命救急センター」に新人として加わったのがフライトドクター候補生(フェロー)の名取颯馬(有岡大貴/Hey! Say! JUMP)、灰谷俊平(成田凌)、横峯あかり(新木優子)と、新人ナースの雪村双葉(馬場ふみか)だ。

悲惨な事故現場に衝撃を受けながらも、先輩フライトドクターの藍沢から叱咤激励されて奮闘する横峯あかり役の新木優子が4日、自身のインスタグラムを更新し、「3人ともたまたまボーダー被り スタッフさんもボーダーを着てる人が多くてボーダーの日でした」とのコメントとともに、同作で共演中の成田凌と馬場ふみかと揃ってボーダートップスを着用したスリーショットを公開した。全員白地に黒(または紺)のボーダーだが、新木と成田はボーダーの太さまでよく似ている。

自身のインスタグラムで同様の写真を公開した馬場ふみかは「見事なボーダー被り ここまで揃うと逆に気持ちいいですね」とコメントし、同様の写真をモノクロで公開した成田凌は「#だからボーダーは気をつけろって言ったじゃないか」とハッシュタグを付けて笑いを誘っている。

これにフォロワーからは「3人ともかわいい」「ほんとにみんな可愛い」「ほんとに、可愛すぎかっこよすぎ奇跡の一枚」と可愛いという声が続出した。また、「バーコードブルー」「いっそ、フェローのユニフォームはボーダーにしちゃえ〜」「仲のいい証拠です コードブルーの新人フェローさんたち頑張って下さい! きっと最終回はいいフェローになれてると期待してます」などドラマに関するものも見受けられた。劇中では3人ともユニフォーム姿での出演となっているので、珍しいスリーショットと言えそうだ。

画像は『新木優子 2017年8月4日付Instagram「3人ともたまたまボーダー被り」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 関原りあん)