警察提供

写真拡大

(台北 5日 中央社)与党・民進党は4日、党本部(台北市)が1日に窃盗被害に遭い、翌2日に警察に通報していたことを明らかにした。現金9万台湾元(約33万円)余りが盗まれたが、それ以外の物品や資料に被害は及んでいないという。

警察によると、容疑者は韓国籍の男で、犯行同日のフライトで日本に向かったものの、前科多数の窃盗常習犯だったため入国を拒否され、2日、台湾桃園国際空港に送還された。

移民署はこの時点で、送還の理由などについて通報を受けておらず、男は身柄を拘束されることなく、3日深夜、閉鎖中だった出入国審査カウンターをすり抜けてタクシーで逃走した。警察と移民署が行方を追っている。

(劉建邦、呂欣ケイ/編集:塚越西穂)