サービスのイメージ。(画像:メルセデス・ベンツ日本発表資料より)

写真拡大

 メルセデス・ベンツ日本(以下、MBJ)と、高級ホテルのヒルトン東京は、8月20日から、ウェディングにおけるコラボレーションを展開する。

【こちらも】メルセデス・ベンツCクラス、AMGルックを纏う特別仕様車を発売

 そもそも一般論として、人が車を変えるタイミングになりやすいものはいつであるか。色々あることには違いないが、一つには、「家族が増えるタイミング」というのが挙げられる。MBJはそこに着目した。

 一方、ヒルトン東京は挙式会場や披露宴会場を備え、ホテルウェディングに注力している。そして、結婚式当日はもちろんのこと、準備期間やハネムーンなどのシーンでも、MBJと提携した特別なプログラムを提供することにしたというわけだ。

 中核となるサービスは、ヒルトン東京で挙式成約したカップルに特典として無料で提供される、「メルセデス・シェアリング」である。成約日から挙式当日までの間の期間中、メルセデス・ベンツを無償で利用できるというものだ。2人乗りオープンカー「SLC」、最先端安全技術を搭載した「Eクラス」、7人乗りミニバン「Vクラス」の3モデルが用意されている。

 また、同じく成約者特典である「ウエディング・パレード」は、披露宴後、二次会会場までメルセデス・ベンツを用いた豪華パレードで送迎を行うというもの(一部有料)。

 ほか、ハネムーン前日にヒルトン東京に宿泊すると、空港までメルセデス・ベンツで送迎を受けられる「プレハネムーン・ステイ&ドライブ」というプログラムもある(有料)。

 コラボレーションの開催期間は、2017年8月20日から2018年8月31日まで。

 また、2017年8月20日の10:00〜19:00には、「ヒルトン東京 × メルセデス・ベンツ ブライダルフェア」と題し、模擬挙式、模擬披露宴、会場コーディネート、ウエディングドレス展示・試着、ウエディングアイテムの展示、美容相談、ワイン&シャンパン試飲などの催しが行われる。会場はヒルトン3階・4階の宴会場(受付は4階)、参加費は無料だが要予約となっている。