「ハリー・ポッター」魔法大臣役が死去

写真拡大

「ハリー・ポッター」シリーズでお馴染みのロバート・ハーディが、91歳でこの世を去った。舞台、テレビ、映画界において長きにわたり活躍したロバートだが、近年では同シリーズの魔法大臣コーネリウス・ファッジ役で広く知られていた。

ロバートは、1978年から1990年にかけて英BBC1より放送されたテレビシリーズ番組「オール・クリーチャーズ・グレート・アンド・スモール」で獣医を演じ、イギリスのお茶の間で愛された。同番組は大ヒットとなり、最高2000万人もの視聴者を獲得している。オリジナルのストーリーは1978年に終了したものの、10年後にBBCが新たなエピソードを執筆する権利を得たことで復活していた。

ロバートの訃報は、ロバートの子ども3人による声明によって発表され、3人は父親の70年にもわたるキャリアに敬意を表している。

「父の俳優初期の頃、戦後のストラトフォードにあるシェイクスピア・メモリアル・シアター時代から、晩年の魔法大臣コーネリウス・ファッジ役に至るまで、おそらく皆さんの記憶に一番残っているのは『オール・クリーチャーズ・グレート・アンド・スモール』でのジークフリート・ファーノン役、そしてウィンストン・チャーチル役、この2つの役柄でしょう」
「父はまた言語学者、アーティスト、音楽愛好家、文学に精通する人、歴史家、さらには大弓のスペシャリストでもありました。またチューダー時代の軍艦メアリー・ローズ引き上げのチームメンバーとしても活躍しました。しわがれ声で優雅、輝きを持ち、いつも威厳のある人でした。父を知る全ての人、父を愛した人、父の作品を楽しんだ皆さんによって見送られました」