画像提供:マイナビニュース

写真拡大

2ファクタ認証を利用するiPhoneユーザが増えている。2ファクタ認証とは、iCloudを利用するための認証手続きのひとつで、Apple IDにくわえて自分が許可したデバイスを利用しなければサインインできないしくみのこと。iCloudの安全性が大きく向上するため、iOS 10.3から利用が強く推奨されている。

iPhoneで2ファクタ認証を有効にすると、iPadなど他のiOSデバイスやパソコンのWEBブラウザでiCloud(icloud.com)にサインインしようとすると、iPhoneに「ご利用のApple IDが○○○近辺でデバイスにサインインするために使用されています」という通知が届く。サインインを許可すると6桁の確認コードが画面に表示されるので、対象デバイスにその確認コードを入力するとサインインできるというしくみだ。

しかし、この2ファクタ認証には落とし穴がある。新しいiPhoneに乗り換えるとき、設定途中の2ファクタ認証画面でつまづいてしまうことがあるのだ。通常はSMSで通知を受けるが、SMS非対応のSIMカードを利用しているなど、なんらかの事情で受け取れない可能性はある。

ほかにも、Apple IDに不正利用の疑いが生じてロックされてしまったときなど、2ファクタ認証が必要な場面はある。確認コードを含むSMSが届かなくては先へ進めないので、他の選択肢も考えておきたいところだ。

そんなときは、2ファクタ認証の番号を音声で確認しよう。6桁の確認コードを入力する画面に「確認コードが届いていない場合」というリンクが用意されているので、そこから「音声通話で発信」を選択すると、間もなくiPhoneにアメリカからの着信があり、iPhoneの言語モードを日本語に設定していれば滑らかな日本語で6桁の数値を読み上げてくれるはずだ。