犬のものもらいとは

犬のものもらいとは、目の瞼の縁にあるマイボーム腺に炎症が起きたもので「マイボーム腺炎」といいます。目の瞼の皮膚と粘膜の間の縁に沿ってたくさんの小さな穴が一例に開いています。これがマイボーム腺という皮脂腺で油分を分泌しています。ここから出た油分と涙が混ざることで涙が蒸発しにくくし、目が乾燥(ドライアイ)しないようにしています。

ものもらいは他の犬へ移ることはありません。また免疫力の低い子犬や老犬、アレルギー体質の犬がなりやすいと言われています。

犬がものもらいになる原因

麦粒腫

麦粒腫は黄色ブドウ球菌が目の瞼や縁に感染することで起こります。瞼が全体的に腫れたり、瞼の縁にニキビやイボのようなポツっとしたできもので腫れる場合があります。本来はこのような細菌は免疫によって対処出来ますが、若齢や老齢で抵抗力がないとかかりやすくなります。

霰粒腫

霰粒腫はマイボーム腺が何らかの原因で詰まってしまい、本来出ていくはずの油分が滞って眼瞼内で異物のように塊になり周りに炎症を起こした状態です。

マイボーム腺腫

マイボーム腺腫の原因はまだ分かっていません。良性の腫瘍ですが徐々に大きくなり、目に刺激を与えてしまいます。

犬のものもらいの症状

目の痛み瞼の痙攣(痛みが強い場合)目の違和感目を開けづらそうにする瞼の腫れ瞼の縁にニキビやイボのようなものが出来る涙や目ヤニが増える目を手や床に擦り付ける

犬のものもらいの治療法

麦粒腫

麦粒腫は細菌感染が原因ですので抗生物質の目薬、眼軟膏、飲み薬を使って治療をします。早期に治療をすれば比較的早く治癒します。

霰粒腫

霰粒腫の治療法は詰まって腫れている結膜を小さく切開し、チーズ様の内容物を押し出します。また周りの炎症に対しての抗生物質や消炎剤などの目薬や飲み薬を使い対処療法を行います。霰粒腫は大きな異常や原因がないものは完治しますが、再発を繰り返すことも多く定期的に溜まった内容物を取り除く処置をしなければいけないケースもあります。

マイボーム腺腫

マイボーム腺腫が角膜にあたり刺激を与えてしまっている場合があります。そのような場合は切除する処置を施します。切除する方法は様々あり、突起物を切除して縫合するやり方や、電気メスやレーザーを使って蒸散(焼いてしまう)方法などあります。

エリザベスカラーの装着

目の痛みや違和感から、目を手や床に擦り付ける行為が見られることがあります。目を擦るという行為は角膜に傷を付けてしまう恐れがあり大変危険です。そのような場合は完治するまでの間エリザベスカラーを着けて過ごします。

犬のものもらいの予防法

ものもらいの予防法は残念ながらありません。ものもらいには細菌感染が原因なものもありますので日頃から目の周りを清潔にしておくことを心がけましょう。

まとめ

ものもらいは違和感や痛みがあるために辛い病気です。放置してしまうと犬はその違和感や痛みを何とかしようと擦り付けてしまい角膜に傷を付け、さらに状態は悪化してしまいます。

目の異変に気付いたら自宅にエリザベスカラーがある場合は装着し、擦ったり出来ないようにガードしましょう。そしてなるべく早く動物病院へ連れて行き治療を受けましょう。


(獣医師監修:加藤桂子先生)