(モト冬樹オフィシャルブログよりスクリーンショット)

 タレントのモト冬樹が、実父が101歳で亡くなったことを自身のブログで報告。

 父親の色々な思い出をつづっている。7月28日、父親の誕生日がもうすぐやってくることをブログで報告し、「誕生日まではなんとかもって欲しいな」と、父親を想う気持ちをつづっていたモト冬樹。しかしその想いは届かず、8月3日のブログで父親が亡くなったことを報告した。

 モト冬樹といえば、兄のエド山口も芸能人。どんな家庭だったのか気になるところだが、ブログによれば父親は産婦人科医だったそうだ。しかし父親は、「兄弟二人とも医者にならず、芸能界に入った時も叱ることはなかった」「『産婦人科はリスクがあるし別に継ぐことはないよ。』なんて言ってた」と、2人の息子が医者を継がなかったことは気にしていなかったよう。

 また、「考えてみたら、俺は親父に叱られた思い出がない」「本当に優しい父親だった」とつづっており、モト冬樹のことを本当に可愛がっていたようだ。

 そしてお葬式に関しては、驚くことがあったそうだ。一般的に、誰かが亡くなれば数日以内にお通夜とお葬式が行われるが、モト冬樹によれば、東京は葬式関係の施設が足りておらず、「早くて一週間はかかります。へたすると10日も20日も先ということが多々あります」という状態なのだとか。連日のように父親の思い出をつづるモト冬樹だが、父との最後のお別れはもう少し先になるようだ。