生まれたばかりの子どもや妻など、家族とのエピソードを漫画にしてツイートしている、パパ頭(@nonnyakonyako)さん。

自らが親になり、ふと自分の父親のことを思い出したといいます。

パパ頭さんが子どものころ、さまざまな場所に連れて行ってくれた父親。「その意図をくんでこなかったかな」と感じたパパ頭さんは、実家に帰り、父親にその気持ちを伝えるのですが…。

Twitterに投稿され、多くの人の心に響いた作品を、ぜひご覧ください。

子どもは勝手に価値を見付ける。

親の想像をはるかに超えてね。

パパ頭さんにとっては、父親は「親としての先輩」でもあります。

この言葉に、多くの人が心を打たれました。

しかし、その後、子どもが待つ妻の実家を訪れたパパ頭さんは…。

ゲーム機持ってる!!!

癒されていいのか、笑っていいのか…さまざまなコメントが寄せられました。

ステキな父親ですね。パパ頭さんも同じようなお父さんになるのでしょうか。父親の言葉にグッときました。温かい気持ちにさせてもらいました。親は子どもの幸せを願うもの。誰にとってもそれは同じでしょう。

最後のオチに、ガクッとしてしまった人も多かったようですが、「テレ隠しなのでは」といった意見も。

自分が親になることで初めて父親の気持ちに気付く…家族の大切さやありがたさを改めて感じさせられます。

[文・構成/grape編集部]