Secret チョン・ハナ、本名で活動するようになったキッカケを告白「悪質な書き込みにショックを受けた」

写真拡大 (全2枚)

Secretのメンバー チョン・ハナが本名で活動することを決めた理由を公開した。

チョン・ハナは最近、マガジンbntとグラビア撮影及びインタビューを行った。

かつて“ジンガー”という芸名で活動したチョン・ハナは、インタビューでこれまでの空白期間と今後の計画について話した。

チョン・ハナがジンガーという芸名を捨てて、本名で活動することを決めた理由は何だったのだろうか。彼女は2012年冬、Secretが乗っていたバンが事故に遭い、深刻な怪我で入院した時を思い出しながらその理由を説明した。

チョン・ハナは「病院で意識を取り戻し、スマートフォンで関連記事を検索しました。ありえないくらい悪質な書き込みが多かったです。その中でも『怪我したのが君だけでよかった』というのを見て、大きくショックを受けました」と話した。

「ジンガー自体が作られたイメージだと思いました。作られた人だから私を憎むのかと思って、長い悩みの末、本名であるチョン・ハナとして活動することにしました。とても大きな決定でした。名前を変えるのは再び新人に戻ることと同じだからです」

悪質な書き込みで大きく傷ついたにも関わらず、それも一つの関心だと思って全ての書き込みを全部チェックするというチョン・ハナ。彼女は「悪質な書き込みの中でも、理由があるものと理由がないものがある。人身攻撃が目標の書き込みには腹が立つけど、理由がある書き込みを見て悟ったりもする」と超然とした姿を見せ、視線を引きつけた。

続いて、芸能人として一番大変な点は何かという質問に、彼女は「話したいことが全部言えない時です」と答えながら「芸能人だから話したいことが全部言えないのは大変だけど、それは芸能人として愛されただけに甘受しなければならないと思っているので、大丈夫です」と答えた。

チョン・ハナは現在ソロアルバムを準備しており、確定されたことはないが、韓国ではないアジア圏でソロデビューをする可能性もあると伝えた。彼女は「ソロとしてデビューした時、恥ずかしくなるのは嫌だから、努力してたら準備期間が長くなってしまっています」とし「機会があればSecretが活動した日本でも、ソロステージを披露したいです」と話した。