J1第19節守備時チャレンジ成功数TOP20 果敢な守りで失点回避に貢献したのは?

写真拡大 (全2枚)

J1第19節ランキングTOP20

【パス&キーパス成功数】 【攻撃時チャレンジ成功数】  【守備時チャレンジ成功数】 【タックル成功数】 【クロス成功数】  【PAへのパス成功数】 【空中戦勝利数】 【インターセプト成功数】

仙台3バックのうち2選手がランクイン

 7月29日、30日に開催されたJ1第19節を「InStat」社のデータを基に分析。

 ここでは「守備時チャレンジ成功数」のトップ20を発表する。「守備チャレンジ」とは、マイボールにするためのルーズボール、空中戦、地上戦などの競り合いを指している。

 1位には成功数13回で二人の選手が並んだ。一人はベガルタ仙台のDF平岡康裕(13回)で、8位タイのDF大岩一貴(8回)とともにリーグ初先発となった2年目のMF椎橋慧也をサポートしながら3バックを組み、柏レイソル相手に最小失点(1-1)に防いでみせた。失点となったCKも、3人のセンターバックの統率はとれており、セットプレー得点関与率の低い柏FW伊東純也にウイングバックのDF蜂須賀孝治がマークしていた点も頷けた。

 もう一人は北海道コンサドーレ札幌のDF福森晃斗だ。成功率こそ59.1%と高くないものの、チームメイトも対戦相手だった浦和レッズの選手も上位20人に一人も入らず。この試合で果敢に攻める福森の裏のスペースは、退場者と負傷者によって数的不利を強いられた浦和にとっては、唯一突けるポイントだったと考えられる。

 3位と5位タイには、ガンバ大阪の堅守を支えるセンターバックコンビ、DFファビオ(12回)と三浦弦太(9回)がランクイン。こちらも失点こそしたものの、両名ともに明確な責任はない。強いて言えば、失点シーンでのリトリートの遅さは気になるところだが、それ以外での危なげない対応を見れば、充実度の高さは窺い知れるところだ。

【第19節の結果/7月29日・30日】

札幌 2-0 浦和

鹿島 3-0 甲府

川崎 2-5 磐田

横浜FM 2-2 清水

G大阪 3-1 C大阪

神戸 3-1 大宮

仙台 1-1 柏

広島 0-1 鳥栖

FC東京 1-1 新潟

データ提供元:InStat

【了】

Evolving Data labo●文 text by Evolving Data labo

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images