子供よりも「大人の義務教育機関」が必要!? 問題行動をする大人が多すぎる

写真拡大

【佐藤優のインテリジェンス人生相談】
“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロが、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆子供よりも大人の義務教育機関が必要だと感じる
考える葦(ペンネーム) 会社役員 男性 59歳

 常々思っていることがあります。本当に教育すべきは子供ではなく、大人のほうではないかということです。公共の場で子供が大声を上げて駆け回っていても注意しない大人。子供を列に並ばせて横入りする大人。自分が楽しみたいがために夜遅くまで子供を連れまわす大人。

 日本の将来も子供の将来も自分の将来も考えてないと思わざるをえない大人が多すぎます。そんな大人がいるのですから、子供たちがまともに育つはずもありません。大人のためにあるべき大人の日本人像を学ばせる無償の義務教育機関が必要と感じています。

 定年退職したのちは、そのような教育に携わりたいと考えているところです。佐藤様は大人に対する教育について、どのようにお考えでしょうか? ご指導賜りましたら甚だ幸いです。

◆佐藤優の回答

 あなたがご指摘されるように、問題行動をする大人がいます。しかし、それは教育というよりも、むしろしつけの問題です。孔子は『論語』でこう述べています。

=================

 先生の門人の有子がいわれた。「孝(父母によく仕えること)と弟(兄や年長者によく仕えること)ができている人柄でありながら、目上の人に対して道理に外れたことをするのを好む者は、ほとんどいない。目上に逆らうことを好まない者で、乱を起こすのを好む者は、いない。

 君子は本、つまりものごとの根本に力を尽くす。本、つまり根元が定まって、道、道理が生じる。孝と弟の二つの徳こそ、最高の徳である仁(自然に湧くまごころ、愛情)の本であろう」(『論語』8頁)

=================

 若い頃にしつけの根本が定まっていない人が、大人になってそれを改めることはまず不可能です。こんな大人のために日本人像を学ばせる無償の義務教育機関をつくって、国民の税金を浪費するべきではありません。変な人間は、時間がたてば社会から淘汰されていきます。「子供を列に並ばせて横入りする大人」や「自分が楽しみたいがために夜遅くまで子供を連れまわす大人」が大人の多数派になることはありません。もっとも「公共の場で子供が大声を上げて駆け回る」ことは、かなりのところ、子供の習性です。私もあなたも子供の頃は、大声を出して公共の場で走り回ったはずです。それだから、子供の行動に関しては、しつけつつも寛容さを失わないことが重要です。

 大人のしつけについても、放置してはいけない問題もあります。それは、政務調査費の不正使用を追及されて号泣する県会議員や、暴言を繰り返し、閣僚を辞任せざるを得なくなった国会議員などの立ち居振る舞いです。このような人たちの常識に反する無節操な行動は、国民生活と国益の双方にとって有害だからです。もっとも、しつけがよくできていない人を選挙で代表に選んでしまう我々にも責任があります。

 あなたがお尋ねの大人に対する教育は、しつけとは別の位相のことと考えています。英語力をつける、経済や国際関係の知識を身につけるなどということも教育の重要な課題です。それと同時に、自分の死に備え、人生の総括をすることも50代以降の人にとって重要な課題になります。当然のことですが、両親がいなければ、私たちは生まれてきませんでした。また、日本の社会によって私たちは育まれてきました。それだから、この社会をどのようにして次の世代の日本人に引き継いでいくかという重要な課題を私たちは担っているのです。私たち一人一人が、次世代のことを考えて模範的に生きることを心がけるべきと思います。そういう生き方をする人に、若い世代の日本人も感化されます。あなたが批判するしつけのなっていない大人も影響を受けるかもしれません。多くの人の努力の積み重ねが社会を強化します。

【今週の教訓】
無節操な政治家は国民生活にも国益にも有害

【佐藤優】
’60年生まれ。’85年に同志社大学大学院神学研究科を修了し、外務省入省。在英、在ロ大使館に勤務後、本省国際情報局分析第一課で主任分析官として活躍。’02年に背任容疑で逮捕。『国家の罠』『「ズルさ」のすすめ』『人生の極意』など著書多数

※『佐藤優のインテリジェンス人生相談』は週刊SPA!にて好評連載中