クリスチャン・ブルーン&ジェリー・オコンネル

写真拡大

クローン人間として生まれた女性たちを中心に物語が展開するサスペンス・ドラマ『オーファン・ブラック 暴走遺伝子』。本作で主人公アリソン・ヘンドリックス(タチアナ・マズラニー)の夫ドニー・ヘンドリックスを演じるクリスチャン・ブルーンが、ジェリー・オコンネル(『女検死医ジョーダン』)主演の新刑事ドラマに出演することが明らかになった。米Hollywood Reporterらが報じている。

10話構成となるこの刑事ドラマ『Carter(原題)』で、ジェリーが演じるのは俳優のハーレイ・マッケイ。ハリウッドで刑事ドラマに出演して人気を博していた彼だが、公の場で大失態を犯して退屈な故郷に舞い戻るハメに。ドラマシリーズの経験を活かして本物の刑事となり、幼なじみで元軍人のサム・セントクレアを相棒に事件に挑んでいく...というストーリー。この度出演が決定したクリスチャンの役どころはまだ明らかになっていない。

ハーレイの相棒サムを演じるのは、名優シドニー・ポワチエ(『野のユリ』)の娘で女優のシドニー・タミーア・ポワチエ(『シカゴ P.D.』)。ギャリー・キャンベル(『MADtv』)がシリーズのクリエイターを務めるほか脚本を手掛け、スコット・スミス(『フォーリング・エンジェルス』)がパイロットでメガホンを取ることが決定している。製作総指揮に名を連ねるのは、テッツァ・ローレンス (『僕の相棒フィン』)とマイケル・サウザー(『リトル・ランナー』)。撮影はカナダのオンタリオ州で行われる予定。(海外ドラマNAVI)