澤部佑(ハライチ)

写真拡大

5日放送の「有吉くんの正直さんぽ」(フジテレビ系)で、ハライチ澤部佑が、IKKOの行動にマジ注意した。

番組では、有吉弘行やハライチ、IKKOらが東京下町の都電荒川線・東尾久(ひがしおぐ)三丁目エリアを散歩した。その中で、駄菓子のあんこ玉を作る創業88年の植田製菓工場を訪ねていた。

工場内には、大きなあんこの塊がいくつもあり、澤部が「夢のような工場だ」と漏らす。あんこ玉は、あんこの塊を機械に通して細長い棒状にする。さらに、きなこをまぶしながらもう一度機械に入れてあんこ玉のサイズにカットする工程を経る。一瞬で出来上がっていく製造工程に有吉らは「わぁ〜っ!!」「早い!」と大興奮した様子だった。

ここで、有吉らは出来たてのあんこ玉を試食することとなる。有吉が「うまい!」「出来たてだから、柔らかいですね」などとコメントしていると、IKKOは何のためらいもなく、2個目を口に入れたのだ。

すると、澤部が「2個目は絶対、向こうから言ってくれないと、行っちゃダメですからね!」と注意する。IKKOは笑いが止まらない様子で、「1個も2個も一緒ですよね?」と開き直り気味にコメント。結局、工場側の厚意に甘え、IKKOは3個目、4個目と、いくつも試食していく。IKKOの振る舞いに、すかさず澤部が再度「IKKOって名前なんだから! 1個食え!」とツッコミを入れたのだった。

また工場を出ると、有吉もIKKOに「ああいうとき、満足するまで食べたちゃダメよ!」と、笑いながら注意していた。

【関連記事】
有吉&マツコ 「雑談力」をもてはやす風潮に異論「勉強することじゃない」
IKKO 離婚直後のココリコ・田中直樹に天然発言「奥様いらっしゃる」
土田晃之がハライチ・澤部佑をサッカーの名選手に例えて大絶賛