石原真理子の妄想ブログがホラー…万引きよりショックな“狂気の世界”

写真拡大

「おなかがすいたから万引きしてしまいました」――。

 7月18日に窃盗容疑で逮捕された女優・石原真理子(53、本名:デロウ真理絵)が、8月4日に書類送検されました。冒頭のように「容疑を認めた」と報じられています。

 20代の頃は大人気だった石原真理子ですが、30〜40代は不倫や暴露本やヌード写真集が話題に。そして、久々にメディアを賑わしたニュースが「墨田区内のスーパーで弁当やお茶を盗んで逮捕」とは、あまりに悲しい話です。

 そんなに生活に困っていたのか? と思って、彼女のブログ「ふわっとした瞬間」をのぞいてみると…「なんだこれは!」と驚愕してしまいました。読んでておかしくなりそうな、完全なる電波系なのです。

 ほんの一部だけ引用してみましょう。

◆ゼウスを復活させたらしい

 ブログを開くといきなり長い英文があり、こんな内容が続きます(なぜか2037年2月4日投稿)

「私はゼウスを復活させたようです。彼はゼウス・クライスト」

「スマスマ番組で私がゼウスの名前を出した2009年、そしてその動画が再度出た2014年と、ゼウスは除々に力をつけていき今では彼なりの考えで人類・地球を戦争で荒治療し、世界浄化と同時に選ばれた神の子のみを天国へと救おうとしていますよ」

 石原真理子はアトランティスの記憶を持った選ばれた人で、ゼウスを復活させたり、地球を生まれ変わらせたり、地震を起こしたりしているそう。『ムー』そのまんまです。

◆万引き報道はマスコミの陰謀

 今回の万引き報道についても、ものすごく長い文章で、個人名や番組名をあげて攻撃しています。

「マスコミの皆さんは、殺人未遂者です」「その根本のきっかけは、私への妬み嫉み(ねたみそねみ)である!」(8月1日投稿)。

 そして「日本の将来の鍵は私が握っている。私を裏切り続ければ外タレさんも誰も日本に来なくなる」(同)として、ジャスティン・ビーバーがツアーを中止したのも、自分とメッセージをやりとりしているからだと主張。

◆すべて私のパクリだ、という被害妄想

 繰り返し出てくるのは、「私はみんなにパクられ、妨害されている」という被害妄想です。

「私の書いた万年クリスマス!という思想をミスドのCMが真似しました」。

 資生堂やコーセーのふわ眉CMも石原真理子のマネで、「嫌味のように真似原さとみを出していましたね。おそろしいほどのブ*なのにです(失礼)」(8月4日投稿)。

 ジャニーズから電通まで、この世のすべては「私のパクリ」。そして、ネットの検索結果や自分の画像も、ヤフーやGoogleによって操作・改ざんされていると言います。

「フランスのGogleは、故意に私ではない、朝鮮人の写真を載せて印象を摩り替えていたくらいに、私への妨害は世界中で起きていますというのです」(原文ママ、7月27日投稿)

◆活躍しているタレントたちへの罵詈雑言

 斉藤由貴の不倫否定会見も見たらしく、「私のおかげで80年代が蘇(よみがえった)ったのに」と、同年代のタレントに罵詈雑言を浴びせています。

「ひき逃げをした小泉きょう子、不倫で離婚の中山みほ、鉄道レールで不法侵入をして写真を撮り書類送検された松本いよと早見ゆう(優は私のファンなのでちょっと許します)、私の真似をして太眉をお化粧で演出して出てきた不倫常習犯の斉藤ゆき」(8月4日投稿)

 そして、各記事の最後に、毎回同じ「パクリをやめろ」という長文と、自分の昔のピンボケ写真を大量に貼り付けているのです。

 誇大妄想、被害妄想、陰謀論、民族ヘイト。パターンどおりの狂気が詰め込まれ、これはもう医療と福祉の対象では…? 彼女に治療を受けさせてあげる人は周囲にいないのでしょうか。かわいそうすぎます。

<TEXT/女子SPA!編集部>