ラグビー日本代表合宿では、選手たちがじゃがいも料理を山もりによそっていた【写真:Getty Images】

写真拡大

「食べなくていい」ではなく、「一口だけでも食べるトレーニング」の必要性

「嫌いなものは食べなくていい」ではなく、「一口だけでも食べるトレーニングが必要」――。Jリーグの下部組織やラグビースクールを中心にジュニア世代の食事をサポートする公認スポーツ栄養士・橋本玲子氏に「世界で戦える選手の食事」について聞いた。

「子供の好き嫌いが多いのでなんとかしたい」という悩みは、スポーツをする子供を持つ家族から、毎年、最も多く寄せられる相談の1つです。

 嫌いなものを「食べなさい!」と頭ごなしに押し付けても、実際は食べるようにはなりません。特に好き嫌いが多いのは野菜ですが、まずは、食べられる野菜を毎食食べる、という習慣をつければOK。私はよく、「トップの選手にも野菜嫌いな人はいるよ。でも、絶対に食べないのではなくて、嫌いなトマトの代わりに、ブロッコリーやもやしなど別の野菜を食べているんだよ」と子供たちに話をしますが、当人たちはもちろん、聞いていた家族の方も「ああ、それでいいのか」とハッとするようです。

 世界で活躍するアスリートは、どこの地域や国へ行っても、出されたものを食べる力が必要です。食べることがいかに大切かを語るうえでは、ラグビー元日本代表選手の言葉が思い出されます。

 2002年のラグビー日本代表合宿で選手たちの食事調査を行ったのですが、その時、マッシュポテトやポテトコロッケなど、とにかくじゃがいも料理をお皿に山もりによそっていたの姿が目を引きました。

食べている選手は強い…「苦手な野菜は一口、食べられる野菜はたっぷり」の精神

 なぜ、そんなにじゃがいもを食べるのかという質問に対し、「米は出ない国があるし、あっても美味しく炊けていないと食欲が失せる可能性がある。でも、じゃがいもは世界中どこにいってもあるし、自分も好きだから美味しく食べられる。食が合わないからと言って食べないと、自分たちはアッという間に痩せてしまい、力も発揮できない。ポテトが好きなこともあるけれど、だからよく食べるようにしています」と語っていました。

 やはり世界を渡り歩いている選手は、「食べないと勝てない」ことをよく分かっています。横浜F・マリノスの外国人選手たちも、ひじきの煮物のような日本独特の料理さえ、最初は恐る恐るでも、必ず食べようとチャレンジしています。

 世界で戦うのが当たり前の今、「嫌いだったら食べなくていい」ではなく、「食べるためのトレーニング」も必要です。「苦手な野菜は一口だけ食べてみよう。食べられる野菜はたっぷり食べよう」という心がけが、食の幅を広げていきます。

 15年間、様々な競技のアスリートを観てきて感じるのは、「食べている選手は強い」ということです。好き嫌いなくなんでも食べる心はまた、環境の変化に順応し、慣れない環境でも力を発揮する強さにもつながっていくでしょう。