ザ・ミドル 中流家族のフツーの幸せ

写真拡大

米ABCのファミリーコメディドラマ『ザ・ミドル 〜中流家族のフツーの幸せ』が、シーズン9をもって終了することが明らかになった。米Varietyらが報じている。

本作の主人公は、アメリカ中部に暮らす中流家庭の中年主婦フランキー・ヘック(パトリシア・ヒートン『Hey!レイモンド』)。全てが"ミドル"な彼女は夫と一緒に3人の子どもを育てながら、精一杯毎日を送っている。そんな一家のドタバタな日常が、ウィットとユーモアたっぷりで描かれるコメディ作品。

本国での放送が終了したばかりのシーズン8は平均視聴者数640万人をマークし、放送日の火曜日において、ABCで"最も視聴されているシットコム"に5年連続で君臨していた。シーズン8は全23話構成だったが、それまでは全24話で、今までに通算190話が放送されており、最終シーズンでは記念すべき200話を突破する。

クリエイターのアイリーン・ハイスラーは、「シーズン9が最後になると話し合った時は寂しかったです。本当に素晴らしい、一生に一度と思える経験でした。次のシーズン期間中すべてをお別れに費やせることを楽しみに思っています。それに、大人気になってしまう前に終了させようと思ったのでね」と冗談交じりに語った。100話記念の際には「『ミドル』を企画していた当時、あまりコメディ番組がなかったのです。放送されていたものは上流家庭を描いたものだったので、もっと私たち庶民に親しみを持ってもらえる作品を作りたいと思ったのです」と、本シリーズの誕生の秘密を明かしていた。

また、ABCのチャニング・ダンジ社長は以前「『ザ・ミドル』は我が局の最も安定した番組の一つで、新たに"コメディ・ナイト"を立ち上げるきっかけとなった作品です。インディアナ州に住むヘック一家は子育てや仕事、結婚や人生を厳しく現実的に伝えながらも、視聴者に愛される存在になっていったのです」とコメントしていた。

『ザ・ミドル 〜中流家族のフツーの幸せ』ファイナルシーズンは、10月3日(火)に米ABCにて放送スタート予定。(海外ドラマNAVI)