遊び心あるトートバッグでスタイルに「大人の余裕」を

写真拡大

持ち物にはその人の品格が出る。良い物には理由があるのだー。

ファッションディレクターの森岡 弘とベテラン編集者の小暮昌弘が「紳士淑女が持つべきアイテム」を語る連載。第5回は、イタリア製のトートバッグをピックアップ。

小暮昌弘(以下、小暮):森岡さんはずいぶんと早くからイタリアの老舗ブランド、エトロに注目されていましたね。

森岡 弘(以下、森岡):1980年代後半でしょうか。初めてミラノへ行ったときに、ブランドショップが並ぶモンテナポレオーネ通りにあったショップを何度も覗きましたね。

小暮:女性の間ではすでにブームでした。

森岡:あの頃って、メンズでもペイズリーのシャツを着るのがある意味トレンド。日本のブランドでも全面ペイズリー柄のシャツをつくっていました。

小暮:イタリアに行くのならば、ご本尊に行かねばとエトロに行ったわけですね。1990年にキーン・エトロがメンズ部門のクリエイティブ・ディレクターに就任すると、そのデザインはさらに加速していくわけですね。

森岡:そうですね。スーツの裏地にカラフルなペイズリーが使われていましたね。シャツの袖口のトリミングにもこの生地が使われていて、センスがよかった。

小暮:イタリア製だからつくりがいいのは当然ですが、エトロのメンズには、そこのウィットが香っていたわけですね。

森岡:その通りです。だから昔もいまも”遊び心”をキーワードにしたブランドを挙げるときに、エトロは絶対外せないんですよ。

小暮:でもミラノのショップの雰囲気は完全にクラシック。イタリアの伝統が感じられましたね。それでいてメンズの服は”遊び心”がある。そのギャップがあの時代、新鮮だったのですね。そういえば、2015年のミラノ万博のときには、イタリアの食材をテーマにしたコレクションを発表、最近でもキーンの関心は、さらにさらに、多彩な分野に広がっている感じですね。

森岡:でもいまも昔も変わらぬ感覚は、”大人可愛い”というテイストです。余裕で遊ぶ。ハズシが洒落ている。それがエトロです。

小暮:そんなエトロで森岡さんが選んだのが、ペイズリー柄のトートバッグですね。

森岡:1986年に誕生した「アルニカ」という丈夫な樹脂コーティング素材を使ったバッグですが、このデザインは新作です。

小暮:「アルニカ」は、エトロのシグニチャー的なシリーズですね。ペイズリー=カシミール柄は、創業者のジンモ・エトロがインドを旅しているときに出会ったカシミール紋様のショールに触発されて誕生した柄です。そもそもペイズリー柄は古代メソポタミアでは、ナツメヤシの種子を象徴し、渦を巻く葉が描かれ、終わりなき再生、永遠の命のシンボルになっていたそうですよ。