神木隆之介、岡田将生 (C)モデルプレス

写真拡大

【神木隆之介・岡田将生/モデルプレス=8月5日】俳優の神木隆之介と岡田将生が5日、都内で行われた映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」の公開記念舞台挨拶に、山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)、小松菜奈、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、そして三池崇史監督と出席した。

岡田将生、風呂場で血まみれになっていた!?衝撃の“事故現場”暴露に冷や汗「この話ダメ〜」

イベントでは、劇中に登場する形ある超能力“スタンド”にちなみ、「みなさんはどんなスタンド能力が欲しいですか?」と質問を投げかけられ、「身体能力が上がる能力がいいです。身体能力が上がれば本当にアニメとか漫画のようにアクションシーンが再現できるので、それが憧れなので」と熱く語った神木。すると、隣にいた岡田が「相手も同じ速度じゃないと。1人だけ早くても成立しないかもしれない」と現実的なツッコミを入れながら、「でも、俺の番が来た時にそれ(身体能力の向上)を言うから」と助け舟を出すことを予告した。

実際、自分が質問に回答することになると、心配する神木に「任せろ」と言った上で「身体能力を上げる能力が欲しいね」と約束を守った岡田。「一緒だね」「あっ一緒だ」と事前の打ち合わせがなかったような素振りをみせた2人は、最後には「じゃあ神木くんとアクション映画お願いします」とアピールして、会場を沸かせていた。

◆マイクを使わず盛り上がる3人


そんな神木と岡田は、トークに限らず、舞台挨拶中仲の良さが垣間見られる場面が多数。お互いだけに聞こえる声の大きさで話し込んでは笑っていた。

さらに、真剣佑も加えた3人で喋っている時には、岡田が2人の言葉を受けた後に、それぞれの肩を小突いて笑い合う場面も。写真撮影の時も終始楽しそうな様子だった。

◆映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」


荒木飛呂彦氏の人気コミックを実写化した同映画では、日本が舞台となる原作の第4部「ダイヤモンドは砕けない」を実写化。

美しい海沿いの町、杜王町(もりおうちょう)を舞台に、そこに住む高校生・東方仗助(山崎)が、他人のケガや壊れたものを直すことができる“スタンド”と呼ばれる特殊能力を使い、変死事件など次々と奇妙な出来事が起きる町を守ろうと闘う姿を描く。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】