エムレ・モルが長友とチームメイトに?

写真拡大

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルが、ドルトムント所属のトルコ代表MFエムレ・モル(20)獲得に動いている。すでに個人合意に達したようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』など複数メディアが報じている。

 モルは7月15日、日本で開催された浦和レッズ戦で2ゴールを挙げ、ドルトムントの逆転勝利に貢献。マン・オブ・ザ・マッチにも選出されるなど日本で話題となっていた。しかし、ドルトムントでは「自己中心的過ぎるプレー」が問題視されており、今夏の放出候補に挙がっていた。

 フィオレンティーナが交渉を行っていると報じられていたが、ここにきてインテルへの移籍が急浮上。すでに個人合意に達しており、クラブ間での合意を目指しているとのことだ。


●欧州移籍情報2017-18

●セリエA2017-18特集

●ブンデスリーガ2017-18特集