山賢人、菅田将暉の言葉「見た目は100点、中身は0点」にタジタジ

写真拡大

8月5日(土)、都内で映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』の公開記念舞台挨拶が開催され、山賢人、神木隆之介、小松菜奈、岡田将生、新田真剣佑、山田孝之、伊勢谷友介、三池崇史監督が登壇した。

荒木飛呂彦原作の大人気漫画を三池崇史監督が実写映画化した『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は、"スタンド"と呼ばれる特殊能力を持つ高校生・東方仗助(山賢人)が、彼の住む杜王町の平和を守るために、凶悪犯に立ち向かっていくストーリー。

8月4日(金)の公開を記念して行われた公開記念舞台挨拶では、豪華キャストが勢ぞろい。山は公開翌日に集まった観客に「初日に、ほぼ初日にきていただいてありがとうございます」と挨拶。「(映画は)どうでしたでしょうか?」と呼びかけると、客席からは大きな拍手が送られた。

劇中で、山・神木と3人のシーンが多かったという小松は、「寒い中での撮影で、神木くんと手を温めていたんですけど、山さんは鳩を追いかけていました(笑)」と撮影の裏話を暴露。山が「ちょっと覚えてない…」と苦笑いを見せると、山田が「スペインで毎日ステーキばっかり食べていたんですけど、そろそろ鶏肉を食べたいなと言ってましたよ」と乗っかり、会場の笑いを誘った。

また、伊勢谷も「見た目は100点。中身は0点って書かれているよ」と観客のプレートを見て、山をいじりだす。山は「あれは菅田将暉が言ったんです(笑)!」と必死に釈明するも、イベント中もコメントに詰まったり、「何言うか分からなくなっちゃった…」と戸惑いをみせたりと、山特有の雰囲気を醸し出していた。

最後には、山が「自分にとっても大きな作品ですし、皆様に支えられて、初日を迎えられたことを嬉しく思っております。今年はジョジョ30周年なので、映画とともにジョジョ自体が盛り上がっていったらいいなと思います。今日はありがとうございます!」と観客に感謝を伝えて、イベントは終了した。

映画『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』は現在大ヒット上映中。