2PM テギョン、彫刻のようなビジュアル…深い眼差しに視線釘付け

写真拡大 (全2枚)

2PMのテギョンがドラマの主役を演じる覚悟を明らかにした。

ファッションマガジン「VOGUE KOREA」は最近、ケーブルチャンネルOCNの新しい週末ドラマ「助けて」(脚本:チョン・イド、演出:キム・ソンス) を通じて役者としてカムバックするテギョンのグラビアとインタビューを公開した。

公開された写真でテギョンは、クローズアップにも屈辱のない完璧なビジュアルを誇示した。今回のグラビアは、熱い太陽が照りつける野外で進行されたが、テギョンは大変なそぶり一つ見せずに撮影に臨んだという。

グラビア撮影後に進められたインタビューでは、初放送を控えたドラマ「助けて」に対する話を聞かせてくれた。彼は「とてもユニークな内容だった。今まで撮影したドラマと呼吸がかなり違ったが、叙事的な雰囲気だった」として、「初めて台本を4話までもらったが、とてもベースが広く繰り広げられていた」と作品に接した時の印象を伝えた。

健全で善良なイメージが長所であり短所のようだと語るテギョンは「優しいと思ったら邪悪な、どんでん返しのある役どころをすることができれば嬉しいだろう」と話して、演技に対する欲も表した。

テギョンの男性的な魅力が盛り込まれたグラビアと奥の深いインタビューは、「VOGUE KOREA」8月号で確認することができる。