夏の夜空を華やかに彩り、はかなく散りゆく花火。

新潟県長岡市で開催される『長岡まつり』の花火大会を訪れた写真家のKAGAYA(@KAGAYA_11949)さんが、幻想的な一瞬をとらえました。

夢の中のような色彩

深い青色と花火のコントラストが美しい夜空。時間を忘れて見惚れてしまいます。

一瞬を美しく切り取ったKAGAYAさんの作品に、多くの人が魅了されました。

日本に生まれてよかった!と強く思える1枚です。長岡市民としても、花火大会をこんなに美しく撮影してくださって嬉しいかぎりです。嫌なことをすべて忘れる美しさ。

戦時中だった昭和20年8月1日、長岡の市街地を襲った空襲の犠牲者の慰霊や、平和への願いをこめて開催されるようになった『長岡まつり』。

たとえ一瞬でも、悲しみを忘れさせてくれる美しい光景が広がっていました…。

銀河鉄道の夜

花火をはじめとした風景写真以外にも、天文写真を中心に撮影しているKAGAYAさん。

2017年8月31日まで愛媛県総合科学博物館にて、KAGAYAスタジオが制作した全天映像『銀河鉄道の夜』が上映されています。

夏休みの思い出に、足を運んでみてはいかがでしょうか。

[文・構成/grape編集部]