「友人の息子さんが、NASAにこんな手紙を書いたんだ」

そんな文章と共に、海外の掲示板に投稿された1枚の画像。

そこには、9歳の男の子が書いた『NASAへの自己アピール』が写っていました。

9歳の男の子が書いた『NASAへの手紙』

NASAといえば、世界で最も技術をもつ航空宇宙開発専門機関。

宇宙開発や調査、探索などを行っており、『マーキュリー計画』『アポロ計画』をはじめとした、多数のプロジェクトを実施してきました。

そんなNASAは2017年7月、『惑星保護官』1名の募集を告知。惑星の汚染を防ぐことを主な目的としています。

「ぼくも、NASAで働きたい!いますぐに!」

告知を見て、NASAへの熱い思いが抑えられなくなった、とある男の子。

惑星保護官になるため、こんな手紙を書いたのだそうです。

出典:Reddit

ぼくの名前は、ジャック・デイビスです。『惑星保護官』の仕事に応募します。

ぼくはまだ9歳だけど、この仕事にふさわしいと思います。

まず、ぼくの妹は「ジャックって宇宙人みたいだね」といいます。
次に、ありとあらゆる宇宙やエイリアンの映画を見てきたからです。
『エージェント・オブ・シールド』も見たし、いつか『メン・イン・ブラック』を見たいと思っています。
あと、ゲームもうまいです。

ぼくは若いので、エイリアンが何を考えているか学ぶことができると思います。

敬具
ジャック・デイビス
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
4年生

Reddit ーより引用(和訳)

ジャックくんの熱意ある手紙に対し、掲示板では「彼こそ惑星保護官にふさわしい!」「彼はすでに立派なガーディアンだ。NASAはすぐに返事するべき」といったコメントが寄せられています。

『惑星保護官』の募集要項によると、応募資格は「惑星保護に関する、高度な知識を持っていること」「宇宙計画について立案や実施、監督したなどの経験があること」など。

ジャックくんは応募資格を満たしていないかもしれませんが、手紙からは「たとえ資格を満たしてなくても、応募したい!」という、ほとばしる情熱が伝わってきます。

数十年後、彼が『惑星保護官 ジャック・デイビス』として活躍する日が来るかもしれませんね!

[文・構成/grape編集部]