ネイマールの移籍金が突出している

写真拡大

 3日、パリSGがバルセロナからブラジル代表FWネイマールを獲得したことを発表した。その移籍金は過去最高額の2倍以上に相当する2億2200万ユーロ(約290億円)となった。ここでサッカー界の現時点での移籍金歴代トップ10を振り返る。

 『トランスファーマーケット』によると、ネイマールに続くのは、昨夏にユベントスから過去最高額でマンチェスター・ユナイテッドに復帰したフランス代表MFポール・ポグバ。3位、4位には共にプレミアリーグからレアル・マドリーに移籍したウェールズ代表MFガレス・ベイル、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが入っている。

 また、ネイマールが母国サントスからバルセロナに移籍した際にも高額の移籍金が支払われており、現在でも6位にランクインしている。一方で、2000年8月に7350万ユーロ(約95億7000万円)でユベントスからレアルに移籍したジネディーヌ・ジダン氏が、ネイマールとFWロメル・ルカクのランクインにより、トップ10から外れている。

 以下、移籍金歴代トップ10

▼1位:ネイマール

バルセロナ→パリSG

2億2200万ユーロ(約290億円)

▼2位:ポール・ポグバ

ユベントス→マンチェスター・U

1億500万ユーロ(約136億7000万円)

▼3位:ガレス・ベイル

トッテナム→R・マドリー

1億100万ユーロ(約131億5000万円)

▼4位:クリスティアーノ・ロナウド

マンチェスター・U→R・マドリー

9400万ユーロ(約122億4000万円)

▼5位:ゴンサロ・イグアイン

ナポリ→ユベントス

9000万ユーロ(約117億2000万円)

▼6位:ネイマール

サントス→バルセロナ

8820万ユーロ(約115億円)

▼7位:ロメル・ルカク

エバートン→マンチェスター・U

8470万ユーロ(約110億3000万円)

▼8位:ルイス・スアレス

リバプール→バルセロナ

8172万ユーロ(約106億4000万円)

▼9位:アンヘル・ディ・マリア

R・マドリー→マンチェスター・U

7500万ユーロ(約97億7000万円)

▼9位:ハメス・ロドリゲス

モナコ→R・マドリー

7500万ユーロ(約97億7000万円)


●プレミアリーグ2017-18特集

●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集