哀川翔

写真拡大

5日放送の「バラいろダンディ」(TOKYO MX)で、哀川翔が、俳優・太賀を絶賛した。

番組では、「ドラマでイラッとする俳優」と題して、しらべぇの記事を取り上げた。高い演技力からドラマで演じた悪役や憎たらしい役がハマってしまい、ドラマに出て来るだけでイラッとする俳優がいるという。ドラマをよく見る約600人に調査したところ、香川照之や高嶋政伸、でんでん、佐野史郎らの名があがっていた。

記事に対し、ゲストの哀川は「役者としたら、印象に残るのはすごく良いこと」とコメント。そんな哀川が気になる俳優として、若手俳優の太賀をあげたのだ。

太賀は俳優・中野英雄の息子で、2016年放送のドラマ「ゆとりですがなにか」(日本テレビ系)で、ゆとり世代の主人公のさらに上を行く「ゆとりモンスター」と呼ばれる入社2年目の後輩会社員、山岸ひろむを演じていた。

哀川は「あの役はすごいね! あれは強力ムカつく! 見てて強力、俺がムカつくってことは、相当うまいんだね。相当うまい!」と絶賛したのだ。ドラマ放送当時はインターネット上でも「主役を食う」熱演だと話題になっていた。

水道橋博士も太賀のファンで注目しており、同ドラマのスピンオフ「山岸ですがなにか」が、7月にオンライン動画配信サービス・Huluで配信され、太賀のためにHuluに入会したほどだそうだ。

【ゆとりSPドラマ連動企画】Huluオリジナル連続ドラマ「山岸ですがなにか」PR映像

【関連リンク】
STARDUST - スターダストプロモーション - 太賀のプロフィール

【関連記事】
哀川翔がLINEの「未読スルー」に説教…剣幕に女性タレントから「怖い」の声
哀川翔が「ハシゴの旅」ロケでガチ寝 妻の公美さんが代役で出演する珍事
二階堂ふみ 役者仲間の太賀から「かわいいアピール」を指摘され大照れ