準決勝進出を決めた錦織圭【写真:Getty Images】

写真拡大

シティOP、世界ランキング225位のポールに追い詰められるもベスト4入り

 男子テニスシングルス世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)は4日(日本時間5日)、シティ・オープン準々決勝で同225位のトミー・ポール(米国)に3-6、7-6、6-4で勝利し、ベスト4に駒を進めた。

 意地の逆転勝利だった。

 3日の3回戦では、過去の対戦成績1勝5敗と苦手にしていた難敵フアン・マルティン・デルポトロ(アルゼンチン)にストレート勝ちを収めた。しかし、悪天候の影響で試合開始が遅れ、2回戦のドナルド・ヤング(米国)戦が午前1時半、3回戦のデルポトロ戦も午前2時終了と連日の深夜決戦。ATP公式サイトが「ケイ・ニシコリは今週、シティ・オープンで真夜中の戦いが続いている」と報じたほどだった。

 錦織はデルポトロ戦後に、「上手くリカバリーしたいと思います。もう深夜なので、なるべく早くホテルに戻りたいですね」と蓄積する疲労との戦い方に目を向けていたが、ポール戦はやはりタフなゲームとなった。

 第1セットを3-6で落とした錦織は、第2セットでは一進一退の攻防を展開。第10ゲームには白熱のラリーの末、クロスにオン・ザ・ラインの強烈なショットを叩き込むなど、粘りのテニスを見せた。第12ゲームには相手にマッチポイントを許すピンチを迎えたが、必死に耐えてタイブレークに持ち込むと、10-8と制して最終セットに突入した。

今季初タイトルへ、準決勝は難敵・ズベレフと対戦

 第3セットは第3ゲームでブレイクして2-1とリードを奪い、第4ゲームも連取。その後は再びポールとの打ち合いとなったが、反撃をしのいで逆転勝利を収めた。2時間40分を超える激闘で、試合終了も午前0時近かったが、世界ランキング17位のルーカス・プイユ(フランス)、同21位のジレ・ミュラー(ルクセンブルク)らを破ってきた“伏兵”を意地で退けた。

 今大会はジャイアントキリングが続いており、2回戦では第6シードのガエル・モンフィス(フランス)、3回戦では第1シードのドミニク・ティエム(オーストリア)、さらに準々決勝でも第3シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と実力者が姿を消している。

 5日に行われる準決勝の相手は、世界ランキング8位のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)。この難関を突破すれば、今季初タイトルも見えてくるだろう。