ユーヴェ戦を控えるロリス、ブッフォン愛を明かす

写真拡大

『FourFourTwo』は3日、「トッテナム・ホットスパーのフランス代表GKウーゴ・ロリスは、ジャンルイージ・ブッフォンの熱狂的ファンだったことを明かした」と報じた。

土曜日にユヴェントスとの親善試合を控えているトッテナム・ホットスパー。その守護神を務めているのがウーゴ・ロリスだ。

16歳でニースでデビューを果たし、すぐにレギュラーに定着。その後リヨンを経てトッテナムへとステップアップし、世界トップクラスのGKに成長した。

彼はユヴェントスとの試合を前に以下のように話し、9歳年上のブッフォンに憧れていたことを明かした。

ウーゴ・ロリス

「特別なものがあるね。それを説明するのは難しい。ただ、ジャンルイージ・ブッフォンは周囲に多くの影響を与えられる選手だ。

ユヴェントスは多くの伝説的な選手を備えてきた。そして、そこにはまだジャンルイージ・ブッフォンがいる。

若いころ、僕は彼の熱狂的なファンだった。15〜16歳だったとき、彼はとても影響力がある選手だった。イケル・カシージャスも同じだった。

彼らはとても若くしてレギュラーを獲得した選手で、僕にとっても非常に影響力があった。僕も同じように若手の間に台頭したかったし、それが出来たんだ。

ユヴェントスで16年の間、彼は同じような野心とモチベーションを抱き続けているところを見せてきた。

あの年齢で頂点に立ち続けているのは、他の者よりも激しい努力をし続けているからだ。だから、彼がベストなんだ。

あのような長期間にわたって続けられるという事実は、彼がやってきたことの素晴らしさを表しているよ」