© Copyright 2017 All rights reserved. 一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF)

夏休み。帰省や旅行で長距離の運転をする機会が増えますよね。パンクやガス欠(燃料切れ)、鍵の閉じ込みなど車のトラブルに駆けつけてくれるJAFのロードサービス。実は、JAFの会員じゃなくてもロードサービスを依頼できるんです。

そして、JAFのロードサービスを依頼するなら『JAFを呼ぶ』というアプリが便利。「電話番号が分からない」や「会員じゃない場合の料金が分からない」といった不安を解消してくれます。

スマホ画面に表示される選択肢を選ぶだけで、簡単にJAFのロードサービスを呼ぶ事ができ、スマホのGPS機能で正確な住所が分からなくても地図上にピンを挿す形で居場所を伝えられます。

また、スマホ操作に慣れていない人は、アプリから直接電話をかけて依頼をすることもできますよ。

この記事では『JAFを呼ぶ』の使い方を細かく解説。とっても便利なアプリなので車の思わぬトラブルに備えてダウンロードしておきましょう!

【目次】

アプリでJAFを呼ぶ車両の登録方法料金を調べる電話で依頼

アプリでJAFを呼ぶ

JAFのロードサービスをアプリで依頼する方法を紹介します。

アプリを開いたら【アプリで依頼】をタップ。一番上の【今すぐ呼ぶ】もしくは【予約する】を選択してから救援依頼メニューの一覧から依頼したい項目を選びましょう。

依頼メニューは大きく分けて8項目になっています。

バッテリー関連

バッテリーが上がってしまって、エンジンがかからないときなど。

タイヤ関連

パンクの応急処置やタイヤ交換、空気圧の調整をしてほしいとき。

鍵閉じ込み・鍵閉じ込み(車内にお子様)

車内に鍵を入れたまま鍵をかけてしまったとき。

燃料関連

ガソリンがなくなってしまったけど近くにガソリンスタンドがないときや、ガソリンの種類を間違ったとき。

落輪・乗り上げ

溝にはまったり段差に乗り上げてしまって動けなくなったとき。

事故

事故の場合は、JAFを呼ぶ前にまずは警察に連絡をしましょう。この項目から、警察や救急に電話をかけられます。

その他救護

クラッチやブレーキの故障と思われるとき、またバイクのチェーンなどの修理依頼をしたいとき。


次に、細かな情報を入力します。

該当する項目を選択するだけなので、とっても簡単です。【必須】と書かれた項目をすべて埋めたら、【次へ】をタップし進みましょう。


呼びたい場所の設定を行います。

位置情報の許可を促すポップアップが表示された場合【許可】をタップすると、現在地が自動的に読み込まれるので便利です。

地図にピンが表示されるので地図を上下左右に動かして、呼びたい場所でタップしましょう。次の画面で詳細の設定があるので、ここでは大まかな場所で大丈夫です。


次に、詳細地図が表示されるので地図を動かし調整しましょう。調整ができたら【次へ】をタップします。

停車場所や目標の入力を行います。すぐに見つけてもらえるよう、解りやすい目標と車の向きなどを入力しましょう。


次の画面では、氏名などの情報を入力します。

JAFの会員であるかどうか、また会員の場合は会員証を持っているかどうかと会員番号の入力も行いましょう。

下にスクロールして、車両情報の入力を行います。

「自動車」「二輪車」を選択し、メーカーやナンバーなどの情報を入力します。また、あらかじめ情報を登録している場合は【登録車両呼び出し】から呼び出すと入力がスムーズです。

車両の登録方法はこちら


すべての入力が完了したら【依頼内容を確認する】をタップし、次の画面で内容を確認してから【依頼を登録する】をタップしましょう。

依頼後はロードサービスのサービスカーがどこにいるのか地図で確認できるようになっています。


車両の登録方法

あらかじめ車両情報を登録しておくことで、依頼するときに車両情報を入力する手間を省けます。

車両登録はトップ画面の【設定・メニュー】から【車両登録・編集】から行いましょう。


右下の【+】をタップし、車両情報を入力しましょう。


複数台の登録も可能なので、家族の車すべて登録することができますよ。ロードサービスを依頼するときに【登録車両呼び出し】から一覧を呼び出せ、タップするだけで車両情報が入力されとっても便利です。

旅行や帰省の前に、車両登録を済ませておくと安心ですよ。


料金を調べる

JAFのロードサービスは会員だと基本無料ですが、非会員だと有料となります。

アプリでは実際にどれくらいの費用がかかるのか調べることができます。トップページの【料金のご案内】をタップし、次のページで作業内容を入力します。

入力が終わったら【料金計算】をタップしましょう。


すると、会員料金と非会員料金を確認できます。


電話で依頼

アプリから電話で依頼をすることも可能です。

トップページの【電話で依頼】をタップすると電話番号の一覧が表示されます。該当する地域の番号をタップし電話をかけて依頼しましょう。


帰省や旅行など、長距離を移動することが多いシーズン。いざという時に焦らず冷静に対応するためにもアプリをダウンロードして車両情報をあらかじめ登録しておくのがオススメです。

また、利用するときは、高速道路や通行量の多い道路では、車をできるだけ通行の妨げにならないところに移動させ、まずは運転手を含む同乗者の全員の安全を確認してから依頼を行ってくださいね。

一番いいのはJAFを呼ぶことなく、何事もなく目的地に到着することです。安全運転で行きましょう!