@AUTOCAR

写真拡大 (全33枚)

皆が恵まれているわけではない

ずっと売れているクルマを諳んじることはたやすい。ランドローバー・ディフェンダー、ボルボXC90などが例に思い浮かぶ。

しかし、短命に終わったクルマはどうだろう? メーカーは売れると踏んで発売したクルマなのに、意外とそうでもないことが多いのが現実である。

英国で短命に終わったモデルを、いま振り返ろう。販売期間を3年、2年、1年と分けてみた。

3年しか売られなかったクルマたち

アルファロメオ・スパイダー 2007‐2010

スポーツカーというよりも、屋根のあく乗用車。

重すぎる。安定しない。にもかかわらず、むりにクイックにしすぎている。

フィアット・イデア 2004‐2007

ひとを運ぶクルマとしては良いデザイン。ただし騒々しく、ぎくしゃくしていて安っぽい感じは販売当初から望みのないを意味していた。

ホンダCR-Z 2010‐2013

イギリスでは3年前に販売終了しているが、アメリカではこの間まで売られていた。

アイデアは素晴らしいと思う。80年代のCR-Xを彷彿とさせるデザインに低公害なドライブトレインを詰め込み、環境面に対するスポーツカーの背徳感を、少しでも和らげることができたクルマだ。

しかしCR-Zは遅い。これなら小型のディーゼル車に乗ったほうがよっぽど良いようにも思える。

メルセデス・ヴァネオ 2002‐2005

広告をでかでかと表示できるようにデザインされたクルマ。もちろん大半がそういう使われ方をしたハズだ。

セアト・トレド 2005‐2008

3世代目のトレドは、ずんぐりしたアルテア無しには語れない。大きすぎたトレドに突きつけられたのは、「NO」という言葉。

トヨタ・アーバンクルーザー(日本名:イスト) 2009‐2012

クールな名前、クールな見た目、いろいろクールすぎたのか、市場受けはコールドだった。

ヴォグゾール・アンペラ 2012‐2015

高価格ゆえに無頓着なひとばかりであった。

2年しか売られなかったクルマたち

アストン マーティン・シグネット 2011‐2013

聞いたところによると、アストンを持っているということをゴルフコースで誇示するために乗るクルマだとか。(ほんとうのところは不明)

キャデラックSTS 2009-2010

GMはわざわざ右ハンドルを用意したが、45台しか売れなかった。これは痛い。

シボレー・ボルト 2013‐2015

シボレーの撤退を決定づけたクルマではないものの、販売台数がふるわなかったのも事実。

クライスラー・デルタ 2011‐2013

クライスラーが定期的におこなう、他社のクルマに自社のエンブレムを付けて販売し、失敗する例のひとつ。

ランチア・デルタはかつてラリーの舞台で活躍したが、その姿はどこにもない。合掌。

クライスラー・セブリング 2007‐2009

何台残っている? 不明

アメリカでレンタカーとしてよく使われているようなクルマを買って何が楽しいのだろうか?

ダッヂ・アヴェンジャー 2007‐2009

先述のセブリングと似ている。ただし値段の割にパフォーマンスは良い。

ダッヂ・ジャーニー 2008-2010

ひとを運ぶためのクルマ。それ以外の何物でもない。

ダッヂ・ニトロ 2007‐2009

ずんぐりしたルックスはユニークだが、ダッヂのもうひとつの失敗作となってしまった。

フィアット・クロマ 2005‐2007

1980年代に作られていたクロマに敬意を払って付けた名前。ルックスは良い。

MG SV 2003‐2005

何台残っている? 不明

カバのようでカッコいい。デ・トマソの果たせなかったプロジェクトの修正版である。

ルノー・ヴェル・サティス 2002‐2004

伝統的な「何を考えているのかわからない」クルマのひとつ。特筆すべき点? 何もない。

ルノー・ウインド 2010‐2012

奇妙な形をしたニッチなロードスター。

ルノーUKは2011年の末には販売を取りやめることをすでに決めていたそう。

ローバー・シティローバー 2003‐2005

英国には2166台も残っているらしい。素晴らしい。今後、急激に少なくなるだろう。

TVRサガリス 2004‐2006

TVRが経営破綻しなければもっと売れていただろう。

ヴォグゾール・シントラ 2007‐2009

アメリカから輸入してラベルだけ張り替えたようなゴミ。

1年しか売られなかったクルマたち

シボレー・エピカ 2008-2009

ひとことで言えば、とてつもない失敗作。死ぬほど退屈な4ドアサルーンである。

シボレー・トラックス 2013-2014

クロスオーバーを連想させるネーミングと、セミデジタルのダッシュボードが良かったが、ちょうどこの頃、シボレーはヨーロッパ撤退を余儀なくされた。

ホンダ・レジェンド 2006-2007

このクルマはまさに伝説(レジェンド)だった。

10年前としては画期的なオートマ、セルフステアリング・レーンキーピング、衝突緩和システムなどのオプションを備えていたからだ。

ブルートゥースやバックカメラも当時は目新しい装備であったが、英国における欠点はディーゼルエンジンの設定がなかったこと。

ホンダ・ロゴ 2000-2001

スーパーミニサイズのクルマでとても平凡、それがロゴ。バスに乗るよりもマシ、というレベル。

ただし信頼性は高かった。このクルマは日本でウケるサイズだったように思う。

すぐにジャズ(日本名:フィット)にバトンタッチすることになったけれど。

日産キューブ 2010

日本では、よく見かけるクルマだが、イギリスの道では不気味で馬鹿げたデザインに映る。

ルノー・フルーエンスEV 2012‐2013

ルノーは当時79台の電気自動車を売ることに成功(失敗)した。

ルノー・コレオス 2008‐2009

SUVブームに乗れなかったクルマ。ルノー・サムスンはこれを改良して販売している。

サーブ9-5 2010‐2011

サーブの深刻な資金不足で、新しくオーナーになりたいと思っているひとの夢は儚く散ることとなった・

スバルB9トライベカ 2006‐2007

インプレッサWRXの影で、この鼻の突き出たSUVはひっそりと姿を消していった。何台残っているかも不明。

スズキ・キザシ 2012‐2013

4駆で2.4ℓのガソリンエンジン、オートマ、CO2排出量の多さ。英国で販売台数が少ない、決定的な要因だった。