可愛いだけじゃない!ベリーがもたらす4つの効果

写真拡大 (全2枚)

甘酸っぱくて見た目もとっても可愛いベリー類の果物。でも、可愛いだけじゃない!その小さな果実にはビタミンをはじめ、たくさんの栄養素がぎゅっと詰まってるんです。こらからの暑い季節、ベリーのビタミンで乗り切りましょう!

ベリー類の食べ方

ベリー類は、とても酸味が強く、また、豊富にペクチンを含んでいるので、ジャムにすると美味しく、色も綺麗です。

色がきれいで鮮やかなので、酸味を生かしたジュースなどにもされます。

見た目がとても可愛くきれい、酸味で全体を引き締める、などのことからお菓子のトッピングには最適ですね♪

甘酸っぱい味を活かして鳥料理や肉料理、幅広く使うことができます。

 

 ベリーの4つの効果

 老化防止

年齢を重ねるにつれて、体の中で老化の原因とされる活性酸素が作られるようになります。

その活性酸素に力を発揮してくれるのが、ベリーに豊富に含まれているポリフェノール。

ポリフェノールの一種であるアントシアニンには抗酸化作用という、体の酸化を抑え、皮膚の再生をサポートしてくれる働きがあり、老化防止に最適なんです!

中でもマキベリーに含まれるポリフェノールがとても多く、ブルーベリーの14倍だそうです!

 便秘改善

便秘の改善には、食物繊維がかかせないですよね。

ベリー類には食物繊維が豊富で、腸内の善玉菌を増やしてくれる働きもあります。

善玉菌が増えることによって、腸内環境が整えられ、便秘改善につながります。

中でもアロニアベリーには、なんとキャベツの3倍も食物繊維が含まれているそうです。

そのままでは少し食べにくいので、スムージーにして飲むのがおススメです♪

 むくみ改善

ベリー類に含まれるポリフェノールの一種、プロアントシアニジンは、むくみ改善が期待できます。

活性酸素が増えることは血管の老化にもつながります。

そこで、プロアントシアニジンの血管を丈夫にして、血液の流れをスムーズにする働きが役に立ってくれます!

中でもクランベリーに多く含まれ、さらにカリウムという成分が余分な塩分を排出し利尿作用をサポートします。

美肌効果

美肌に効果的な成分と言えば、やっぱりビタミンCですよね!

ベリー類には、ビタミンCも豊富でレモンやオレンジよりも多いそうです。

ビタミンCには、シミくすみなどの原因となるメラニンをつくらない、黒くなったメラニンを薄くするという働きがあります。

また、美肌にかかせないコラーゲンの生成にも効果を発揮してくれます!

中でも特にカシスにはビタミンCが多くふくまれているそうです。

 

紹介したベリーの他にもまだまだたくさんの種類があります。

効果や味など、自分好みのベリーを見つけてくださいね♪

 

関連記事

今話題の食材・ゴールデンベリー!美容と健康への効果をご紹介

https://aloe.style/articles/76018