関西だけで異常事態!バイキングの寿司事情に「見たことない」

写真拡大

雨上がり決死隊が気になる人・モノに迫るカンテレのバラエティー番組『雨上がりのナニモン!?』(毎週土曜18:30〜)。8月5日の放送では、スーパーマラドーナ(武智、田中一彦)がリポーターとなって、65万人を超える年間入場者数を誇る、お風呂に食事、絶景にエンターテインメントといった様々な施設を一挙に楽しめる大人気スポット「箕面温泉スパーガーデン」の徹底調査を実施する。

まずは、多いときには1日に2700人が利用する名物レストランを支えるバイキング界の巨匠・高階さんが登場。こちらのレストランは150種類の料理がそろい、ライブキッチンでできたての料理が人気。宮迫博之が「バイキングでこれ食える? 衝撃的やわ!」と驚く最高級のプライムビーフを使ったローストビーフや『料理の鉄人』などでおなじみの中華料理人・陳建一とのコラボメニューなどが続々登場。ある高級スイーツの食べ放題には蛍原徹も衝撃を受ける。

しかし、巨匠にも悩みがあることが判明。話を聞くと、人気メニューのお寿司を巡って、全国にある系列の施設でも、関西だけで発生している“異常事態”があるという。蛍原が「そんなん見たことない!」、ゲストの南野陽子も「それはダメだよ〜」と嘆いた、関西人ならではの仰天行動が明らかになる。

続いては、娯楽施設を取り仕切る想い出クリエイターの福岡さんを紹介。物品造作師や劇場の音響、ポニーの飼育係などを担当するなど、“8つの顔”を持つ男として知られている。しかも、施設内のいろんなものを自らの手で作ってしまうといい、選りすぐりの自信作をスーパーマラドーナに紹介。普通の駐車場には考えられないあるものを披露し、宮迫を「なんかもう変態やん! 仕事の変態!」と感動させる。

さらに、1ステージで24万円を稼ぎ出す「箕面のプリンス」こと、成田ヨウスケさんも登場。週3回、施設内の劇場で歌謡ショーを行い、絶大なる人気を誇る成田さんだが、住居と食事を提供するかわりに、歌謡ショー自体はノーギャラ。しかし、とある画期的なシステムで収入を得ているという。その驚くべき仕組みが明らかになる。