スティックじゃないけどコードレス!しかも軽いから便利です

写真拡大

ロボット型やスティック型など様々なタイプが出揃う掃除機ですが、根強い人気があるのがキャニスター型。しっかり掃除したいからキャニスター型という人も多いのですが、一方で持ち運びが大変という声もあります。そこで登場したのがコードレスタイプ。軽いのでラクに持ち運べるうえ、掃除をする際の身体への負担も軽くなるんですって。

シャープから登場した「RACTIVE Air(ラクティブ エア)」は、キャニスター型のパワフルな吸引力を持ちつつ、コードレス化・軽量化を実現した掃除機。どれぐらい軽いかというと、世界最軽量の2.9圓箸いΔらオドロキ!

なぜこれほど軽いかというと、航空機などにも使用される軽量素材「ドライカーボン」を手元パイプ部などに採用したり、本体のメインモーターや電子回廊の小型・軽量化するなど工夫を凝らしてあるため。軽くなったことで持ち運びやすいのはもちろん、掃除の際に手にかかる負担も軽減。敷居や段差、狭い場所の掃除が楽になります。特に階段の掃除はコードレススティック掃除機と比べて腕の負担が20%も低減したとか!

また、大風量ターボファンや高効率リチウムバッテリー、モーター駆動のコンパクト自走パワーヘッドを搭載。軽量化してもパワー不足にならず、従来のコード付きキャニスター型掃除機と変わらないゴミ取り性能を誇ります。

紙パック式2機種とサイクロン式2機種が揃うこともポイント! 紙パックとサイクロン好みがわかれるところですから、選べるのは嬉しいですね。

>> シャープ

 

(文/&GP編集部)