20〜30代の独身女性の彼氏がいない確率が50%を超える今。いつの間にやら少数派になった彼氏持ちの女性の中には、彼氏はいるもののセカンドポジションのまま、いつまでたってもファースト(本命)になれない女性たちがいる。彼女たちが本命になれない原因は何なのでしょうか……。彼女たちの過去の恋愛から、その原因を探っていきます。

☆☆☆

今回お話を伺ったのは、都内で事務の仕事をしている小池佳代さん(仮名・35歳)。明るめの茶髪のストレートヘアに、小麦色の肌が印象的な女性です。服装や持ち物に派手さはないものの、体のラインが分かる白シャツやタイトスカートに大人の女の色気を感じます。どことなく漂う女っぽさがある彼女のセカンド気質はどこにあるのか――。生い立ちや、学生時代の恋愛から話を伺っていきます。

「出身は埼玉県で、両親との3人家族です。父親は普通のサラリーマンで、母親はパート勤めの兼業主婦でした。実家は、理由はよくわからないですけど、あまり裕福ではなかったですね。夏休みの旅行も、近場に連れていってもらった記憶しかないです。それと、今の父親とは血はつながっていません。私が小さい頃に離婚して、小学生の時に母親は再婚しました。離婚原因は性格の不一致と聞いていますが、母方のおばあちゃんの話では父親の浮気だったみたいです。本当の父親の記憶は、私が小さすぎてまったくといっていいほど残っていません。だから寂しいとか、会いたいとかの感情もあまりないんですよね」

初めて彼氏ができたのはいつですか?

「中学1年生の時です。私は今でこそ年相応に見られるようになったんですが、昔はすごく老けていて大人っぽく見られることが多く、中身も大人ぶっていたんです。小学校の頃から異性と付き合うということに興味津々で、たまたま告白してくれた同じバレー部の先輩と付き合いました。当時はクラスでも付き合っている子なんてほどんどいなかったので、みんなと違って大人なんだと自分に酔っていましたね。その先輩とは半年も経たないうちに振られてしまうんですが、その後も告白したり、されたりで中学時代はずっと彼氏がいて、男女関係のすべての経験をしましたね」

高校では学校生活よりもアルバイトに励み、卒業後は寮のある会社で働き始めます。

「高校時代は本当に何もしていなかったですね。中学時代はバレー部に所属してそれなりに学生生活を楽しんでいたんですが、高校は帰宅部でアルバイト三昧でした。アルバイト先に彼氏ができたりもしましたが、そこまで好きな人でもなかったし、彼と一緒にいる時間も働いていたらお金になるのにな……とか最低なことをよく考えていました。

当時は母親と折り合いが悪くて、それに父親のことを当時は他人だと思っていたので、早く家を出たかったんです。その資金集めに翻弄していた感じですね。就職は、たまたま見つけた求人雑誌に載っていた会社です。主に電話で営業していくような仕事で、寮が完備されていたんです。仕事内容より寮にひかれて入社しました」

きつすぎるノルマに耐えられなくなって……

就職を機に自立したものの、仕事はうまくいかなかったそうです。

「仕事ではとにかくノルマがすごくて……。全然ノルマをこなせくて、どんどん周りも厳しくなっていく環境が嫌で1年も経たずに辞めてしまいました。退職と同時に寮も出されるので、しばらくは友達の家でお世話になっていたんですが、なかなか次の仕事が決まらなくて……。高校時代の貯金を切り崩す生活でしたね。そのお金も底をついてきたときに、時給にひかれてカウンターレディーの仕事を始めました。小さな駅から少し離れたところにある、ママが1人で切り盛りしている小さなお店でした。ママともすぐに仲良くなって、ママに頭金を出してもらい一人暮らしを始めました。

そこで1年半ほど働いたときに、お客さんとしてある男性と出会いました。彼は上司によく連れてこられていて、私より6歳年上の人で、スーツの似合う爽やかなサラリーマンでしたね。普段は営業メールなんてしないんですが、彼にはそれを名目にアドレスを聞いて、プライベートでメールをするようになりました。

その後、何度かプライベートでデートをするようになって、みんなに内緒で付き合うようになりました。そこから1年も経たないぐらいの時期にプロポーズされて結婚することになったんです。そこからママに付き合いを話して、多少は怒られましたが2人の仲を認めてもらい、結婚を機に仕事を辞めたんです。専業主婦になれるとこれからはゆっくりできる!と嬉しさでいっぱいだったんですが、結婚生活は思った通りにはいかなくて……」

夜の世界でお客として出会った誠実そうな彼との恋愛、そして結婚。働くこと自体に苦労していた佳代さんは、開放されたような気持ちになったそうです。

結婚はお金と男にまみれた生活の始まりでした……。男性に求めるのは安らぎより刺激!幸せな家庭を壊してまでお刺激を求めたその代償は!?〜その2〜に続きます。