決勝はともに今季初タイトルを目指すコールシュライバーとソウザの対戦に [ゼネラリ・オープン]

写真拡大

 オーストリア・キッツビューエルで開催されている「ゼネラリ・オープン」(ATP250/7月31日〜8月6日/賞金総額48万2060ユーロ/クレーコート)のシングルス準決勝で、ジョアン・ソウザ(ポルトガル)が世界ランク157位でワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したセバスティアン・オフナー(オーストリア)を7-6(4) 7-6(4)で破り、決勝進出を果たした。試合時間は1時間58分。

 2015年のバレンシア(ATP250/室内ハードコート)を最後にツアー優勝から遠ざかっている世界ランク62位のソウザは、キャリア通算3度目のタイトル獲得を目指す。

 もう1つの準決勝では、世界ランク47位のフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)が第2シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を7-5 6-3で下して決勝に駒を進めた。

 世界ランク25位のフォニーニは、前週のグスタード(ATP250/クレーコート)で通算5度目のツアー優勝を果たしたが、2週連続での決勝進出はならなかった。

 決勝で対戦する両者の過去の対戦成績は、ソウザの2勝1敗。今シーズンは6月にハレ(ATP500/グラスコート)の1回戦で対戦し、コールシュライバーが3-6 6-4 6-4で勝っている。

 コールシュライバーとソウザはともに今シーズン決勝に進出した大会では敗退している。コールシュライバーは4月のマラケシュ(ATP250/クレーコート)の決勝でボルナ・チョリッチ(クロアチア)に7-5 6-7(3) 5-7で、一方のソウザは1月のオークランド(ATP250/ハードコート)の決勝でジャック・ソック(アメリカ)に3-6 7-5 3-6で敗れていた。

 コールシュライバーは今大会3度目の決勝進出となり、2012年はロビン・ハッサ(オランダ)に敗れたが、2015年にはポール アンリ・マチュー(フランス)を倒して大会を制している。(C)AP(テニスマガジン)

※写真は「ゼネラリ・オープン」(オーストリア・キッツビューエル)で決勝進出を果たしたジョアン・ソウザ(全仏オープンでのもの)
Photo:PARIS, FRANCE - MAY 31: Joao Sousa of Portugal serves during the mens singles second round match against Novak Djokovic of Serbia on day four of the 2017 French Open at Roland Garros on May 31, 2017 in Paris, France. (Photo by Julian Finney/Getty Images)