元・東京都知事で作家の石原慎太郎氏が、2017年8月3日にTwitterを更新。

そこには、過激な言葉で『女装タレントに対する意見』がつづられていました。

女装タレントが多いのは、世の中が衰退し、狂ってきた証

現在、世界各国でLGBT運動が行われ、セクシャリティや多様性に理解を深める人が増えてきています。

そんな中、『女装』という個性に対して「世の中が衰退している」「狂っている」と表現した石原氏。

この発言に対し、「個人の自由であり、人がとやかくいう必要はない」「時代は変わってきているんです。古い考えはやめてください」「あなたが時代に取り残されているだけ」といった批判が多数寄せられました。

石原慎太郎の『LGBT批判』に高須院長がズバリ

石原氏の発言を受け、『Yes!高須クリニック』でお馴染みの高須院長はTwitterで自らの意見を投稿しました。

『レディビアード』とは、オーストラリア出身の女装タレント。ツインテールと可愛らしい衣装がチャームポイントのレディビアードさんは、『ビアちゃん』の愛称で、日本でも多くの人から親しまれています。

男性が女装することや、女性が男装することの例を挙げた高須院長は、このように伝えたいのでしょう。

誰がどんな服装をしようが、必ずしも内面と一致するわけではない。

誰がどんな服装をしようと、それは『個性』です。人に迷惑をかけていないとすれば、批判されるべきではないでしょう。

石原氏が御年84歳であることを考えると、当時は『男は男らしく、女は女らしくあれ』という風潮が強かったこともあり、現在の多様性を尊重する風潮は理解しがたいのかもしれません。

ですが、時代は常に移り変わっています。考えを無理に押し付けはしませんが、過激な言葉で批判はしないでほしいものです。

[文・構成/grape編集部]