マイケル・ルイス著、渡会圭子訳『かくて行動経済学は生まれり』(文藝春秋)

写真拡大

6人の子どもが〈男男男女女女〉の順で生まれる確率と、〈女男男女男女〉となる確率は、どちらが高いか――。多くの人は後者のほうが起こりやすいと答える。なぜ人間は確率をねじ曲げて、「ランダムネス」を自分勝手に解釈するのか。「直感」や「経験則」に基づく人の行動を理論化しノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンと、その若き日の研究パートナーであるエイモス・トヴェルスキーの足跡を、『マネー・ボール』の著者マイケル・ルイスが追う。

※以下は、マイケル・ルイス著、渡会圭子訳『かくて行動経済学は生まれり』(文藝春秋)の第6章「脳は記憶にだまされる」からの抜粋です。

■「あいつが酔っている確率は75%だ」

彼らの最初の論文は、統計的に正しい答えがある問題を解くときでも、人は統計学者のようには考えないことを示していた(彼らはそのときもまだ、その論文は学術の世界における冗談のようなものだとなかば思っていた)。統計学者でさえ、統計学者らしい思考はしないのだ。“少数の法則の思い込み”からは当然、次のような疑問が生まれる。統計学的な推論をすれば解ける問題に、それを使わないのであれば、いったい人はどんな推論を使っているのか。人生で何度も遭遇する危険な状況で、ブラックジャックのカードカウンターのように考えないのなら、いったいどうやって考えているのか。ダニエルとエイモスの次の論文は、そのような問題に対して部分的に答えを出していた。そのタイトルは……エイモスはタイトルについて思い入れがあった。彼はタイトルを決めるまで、論文を書き始めようとしなかった。タイトルを決めることで、その論文の内容と真剣に向き合えるようになると信じていた。

とはいうものの、ダニエルが二人の論文につけたタイトルは謎めいていた。彼らも少なくとも初めのうちは、学問世界のルールの中でプレーしなければならなかった。そのゲームでは、簡単に理解されてしまうのはあまり立派なことではなかった。人がどのように判断を下すかを説明した最初の論文は『主観的確率──判断の代表性』というタイトルだった。主観的確率。これについては、意味はなんとなくわかる。特定の状況が起こる確率についての、多少なりとも主観をまじえた予測と考えられる。たとえば、真夜中に窓から外を見たら、十代の息子が千鳥足で玄関に向かって歩いてきた。あなたはこうつぶやく。「あいつが酔っている確率は75%だ」──これが主観的確率だ。

 

■判断を下すとき頭の中にあるモデル

しかし“判断の代表性”は? これはいったい何なのだ? その論文は「主観的確率はわれわれの生活で重要な役割を果たしている」と始まる。「われわれの決断、導き出した結論、他人への説明はたいてい不確実な出来事が起こる可能性の判断に基づいている。それはたとえば新しい仕事での成功、選挙結果、市場の状況などがあげられる」。それらをはじめとした多くの不確実な状況で、脳は自然には正しい可能性を計算できない。では、実際にそれをどうやっているのだろうか?

彼らはその答えを見つけていた。確率の法則の代わりに、経験則を使っているのだ。その経験上の法則を、ダニエルとエイモスは“ヒューリスティック”と呼んだ。そして最初に調べたいと思ったヒューリスティックが“代表性”だったのだ。

人は判断を下すとき、頭の中にある何らかのモデル(イメージ)と比較していると、彼らは述べている。あの雲は(自分の頭の中にある)嵐の雲とどのくらい似ているだろうか。この潰瘍は(自分の頭の中にある)悪性がんとどのくらい似ているだろうか。ジェレミー・リンは(自分の頭の中にある)将来のNBAプレーヤー像とどのくらい一致しているだろうか。あの好戦的なドイツの政治主導者は(自分の思い描く)大量虐殺をやりかねない男の像と似ているだろうか。

この世界は劇場だという言葉があるが、それだけではない。この世はカジノであり、わたしたちの人生は確率のゲームだ。そして人はあらゆる状況で確率を計算し、似ているかどうか、つまり(奇妙な新語だが)代表性の判断を行なっている。人は母集団のイメージを持っている。たとえば“嵐の雲”、“胃潰瘍”、“大量虐殺をしでかしそうな独裁者”、“NBAプレーヤー”。人は特定の事例をこうした母集団と比べているのだ。

■そこには何か系統的な間違え方がある

エイモスとダニエルは、そもそも頭の中のモデルを人がどのように形成しているのか、そして類似性をどのように判断しているかという問題については言及していなかった。彼らは頭の中のモデルがほぼ明白なケースだけを扱った。特定の事例が頭の中の像と似ていれば似ているほど、人はそれがより大きな母集団に属していると考えがちだ。彼らの論文にはこう書かれている。「われわれの命題は、多くの状況でAという事象がBという事象より起きる確率が高いと判断するのは、AがBより代表的だと思われるときである、というものだ」。たとえばあるバスケットボールの選手が、あなたの頭の中にあるNBAプレーヤー像に近いほど、その人はNBAプレーヤーになると考えやすくなる。

彼らは、人が何かの判断をするとき、ただでたらめに間違えているわけではないと感じていた。そこには何か系統的な間違え方がある、と。彼らがイスラエルとアメリカの学生にした奇妙な質問は、人間の間違いのパターンを引き出すようつくられていた。これは扱い方の難しい問題だ。彼らが代表性と呼んだ経験則は、常に間違っているわけではない。不確定なことを考えるときのアプローチが誤りやすいのは、それが便利すぎるからであることが多い。多くの場合、優秀なNBAプレーヤーになる選手は、頭の中の“優秀なNBAプレーヤー”像と、かなりの確率で一致する。しかし、ときどきその像と一致しない選手が現れる。そこで多くの人がする間違いから、経験則とはどういうものか、その性質をかいま見ることができるのだ。

■より“ランダム”に思える順番とは

たとえば6人の子どもがいる家庭で、子どもの性別が上から〈男女男男男男〉となる確率と、〈女男女男男女〉となる確率は同じである。しかしイスラエルの高校生たちは──世界中のどんな集団でも同じ結果になるだろうが──後者のほうが起こりやすいと自然に考えるようだった。いったいなぜ、そう考えるのだろうか? 「男5人に女1人という割合が、集団全体の比率を反映していないからだ」と、彼らは説明している。言い換えると代表性が低いということだ。さらに同じ生徒たちに、上から〈男男男女女女〉となる確率と〈女男男女男女〉となる確率のどちらが高いか尋ねると、圧倒的に後者を選ぶ人が多かった。しかしこの2つもまた、確率は同じだ。ではなぜ、ほぼ世界中の誰もが、一方がもう一方より起こる確率が高いと思うのだろう。それは人が、出生の順番はランダムなプロセスだと思っていて、後者のほうが前者の順序より“ランダム”に思えるからだと、ダニエルとエイモスは指摘した。

そうなると当然、次の疑問がわく。では確率を経験則で判断しようとするやり方が、深刻な計算違いにつながるのはどんなときだろうか。ランダムな要素を持つものを評価するよう言われたとき、というのが答えの一つである。人は判断しようとしている不確実な出来事が、母集団に似ているだけでは不十分に感じると、ダニエルとエイモスは書いている。「その出来事が、それを生み出したプロセスの性質も反映するはずだと考えるのだ」。つまりプロセスがランダムなら、その結果もランダムに見えるはずだ、ということである。彼らは“ランダム”についての頭の中のモデルが、そもそもどのように形成されたかは説明していない。ただ「ランダムな要素があるときの判断をよく見てみよう。人の頭の中にどんなモデルがあるか、わたしたち心理学者の意見はかなり一致するだろう」と言っているのだ。

■ステレオタイプ化された“ランダム”

第二次世界大戦中、ロンドン住民は、ドイツは標的を絞って爆撃を行なっていると思っていた。一部の地域が何度も爆撃される一方で、まったく爆撃されないところもあったからだ(のちに統計学者が、それは無差別爆撃が行なわれたときに予測される分布とぴったり同じであることを証明した)。また、たいていの人は、1つの教室にいる2人の学生の誕生日が同じだったら、たいへんな偶然だと感じるが、実は23人のグループで、同じ日に生まれた人が2人いる確率は50%を超える。

このようにわたしたちは、本当のランダムとは違う、一種のステレオタイプ化された“ランダム”のイメージを持っている。そのステレオタイプには、実際のランダムな配列で起きうる連続性やパターンは含まれていない。20個のおはじきを無作為に5人の少年に配るとき、実際には(2)のように、それぞれ4つずつになるほうが、(1)のような配分になるよりも確率が高い。しかしアメリカの大学生は、(1)のような均一でない配分のほうが起きる確率が高いと断言した(※編集部注:トヴェルスキーが大学の講義で行った実験。20個のおはじきを5人の子どもに何度もランダムに配ったとき、(1):4個、4個、5個、4個、3個 (2):みな4個ずつ どちらのパターンが多くなると思うかという問われると、学生の多くは(1)を選択した)。なぜか? それは、(2)は「ランダムなプロセスの結果としては、きっちりしすぎているように思える」からである。

----------

マイケル・ルイス
作家。1960年、米ニューオリンズ生まれ。プリンストン大学から、ロンドン・スクール・オブ・エコノミクスに入学。1985年ソロモン・ブラザーズに職を得る。ちょうど、ソロモンが住宅ローンの小口債券化を開発した時期に立ち会い、その債券を売ることになった。その数年の体験を書いた『ライアーズ・ポーカー』(1990年、角川書店)で作家デビュー。

----------

(作家 Michael Lewis)