(写真: ポケモンの発表資料より)

写真拡大

 ポケモンは、8月9日〜15日にかけて横浜でPokémon GOの国内初の公式イベント「Pokémon GO PARK」を開催する。ポケモンは、ポケットモンスターのゲーム、アニメ、書籍、グッズなどのプロデュースおよび販売を行う会社。

【こちらも】『劇場版ポケットモンスター』が初週動員数首位、20年続くコンテンツの魅力

 「Pokémon GO PARK」の会場は、「カントー地方」と「ジョウト地方」の2つのエリアに分かれ、それぞれの地方のポケモンが通常よりも高い確率で出現する。さらに、通常はヨーロッパ限定ポケモンの「バリヤード」、オーストラリア限定ポケモンの「ガルーラ」、サンフランシスコ限定ポケモンの「ケンタロス」など、普段は手に入らないポケモンも多数出現する。また「Pokémon GO PARK」会場内のポケストップからドロップしたタマゴ(2km)からも、通常は出現しないポケモンがかえると言われている。ポケモン図鑑の空白を埋める大きなチャンスだ。

 会場内には、会期内限定でリアルジムやリアルポケストップが設置され、一時期Pokémon GOから遠ざかっていたユーザーでも戻りやすいように配慮されている。

 先行してナイアンティック社主催のイベントが開催されたシカゴでは、有料チケット制にしてもユーザーが多すぎて会場でゲームにログインできないという障害が発生し、チケット返金やコインと伝説のポケモン「ルギア」の配布という事態になった。今回のイベントは無料で自由参加だが、対策はされていると思われる。

 さらに「Pokémon GO PARK」では8月14日に「Pokémon GO STADIUM」という招待制のイベントが開催され、伝説のポケモン「ホウオウ」が出現すると言われている。「Pokémon GO STADIUM」への招待メールは送信済み。メールは抽選の当選者にのみ送信されている。

 「Pokémon GO PARK」概要 開催期間:8月9日〜15日、各日10時〜18時 会場:赤レンガパーク(カントー地方)、カップヌードルミュージアムパーク(ジョウト地方) 参加費:無料

 また、同じ期間に横浜みなとみらいエリアでは毎年恒例の街型イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」も開催される。街中を大量のピカチュウが行進する様子は、毎年話題になっている。