みなさんお風呂のとき体をゴシゴシ洗ってはいませんか?長年やっている間に自分なりの絶妙な洗い加減を確立しているのならまだしも、現状で体臭や乾燥などの肌トラブルに悩まされているのならその洗い方を改めるべきでしょう。体をゴシゴシと強くこする洗い方が肌に与える影響について紹介したいと思います。

肌の常在菌を洗い流してしまう

一日を頑張ったわたしたちの体には、当然嫌な臭いを発するような嫌な菌も存在しますが、表皮ブドウ球菌といった良い常在菌というものも存在しているのです。表皮ブドウ球菌は肌を弱酸性の状態に保ち、他の菌の増殖を防いでくれているのですが、これが体を洗う行為によって洗い流されてしまうのです。すると黄色ブドウ球菌といった悪い菌の増殖を許してしまい、弱酸性の状態の肌がアルカリ性に傾き、嫌な臭いが発生してしまったり、乾燥を招いてしまうというわけです。肌の洗いすぎは自ら肌の状態を悪化させてしまう行為であるのです。(表皮常在菌について)必要な皮脂や水分を落としてしまう

たっぷりのボディソープなどで体をゴシゴシ洗ってしまうと、肌のバリア機能を担っている皮脂が必要以上に洗い流されてしまいます。もちろん余分な皮脂は肌トラブルの元とはなりますが、肌の健康な状態を維持するには皮脂も最低限必要であるのです。ちなみに皮脂は肌の水分を維持する働きがあるので、これが不足することで肌の乾燥を招いてしまうことにもなります。肌が乾燥すると皮脂の過剰分泌となりまさに悪循環に。

ナイロンタオル黒皮症となる

わたしたちが体を洗う際によく使われているナイロンタオル。ナイロンタオルは肌への刺激が強いことで知られていますが、このナイロンタオルで肌をゴシゴシ洗う行為を続けることで、「ナイロンタオル黒皮症」となってしまう恐れが出てきます。ナイロンタオル黒皮症とはナイロンタオルで継続的に肌に刺激を加えることで、メラニンの色素沈着が起こり、肌が黒くなってしまう現象のこと。これでは肌の美白に勤しむ努力も無駄になりかねないので絶対に避けておきたいところですよね。

個人差はあるもののやさしく洗うことが大事

体の洗いすぎによる上記のような悪影響にさらされないようにするには、肌をやさしく洗ってあげることが大事です。具体的にはキメの細かい泡で手洗いする、綿などのやさしいタオルで洗うようにする、ゴシゴシせず泡を滑らせるようにして洗う、熱いお湯ではなくぬるま湯で洗うなどです。もちろん皮脂や汚れの溜まりには個人差がありますので、人によっては若干念入りに洗ったりする必要もあるとは思いますが、そこは適宜調整して自分なりの加減というものを確立するといいでしょう。肌はやさしく洗って、健康的な素肌を目指しましょう。(年齢別のマストスキンケア)についても紹介していますので是非目を通して見てください。


writer:サプリ編集部