最新作発売で判明!中川翔子、桐谷美玲、本田翼…真のドラクエ好きは誰だ!?

写真拡大

「ドラゴンクエスト」シリーズの最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」が7月29日に発売された。日本のゲームを代表する人気シリーズということで、タレントにもファンは多く、さっそく中川翔子、桐谷美玲、本田翼らがSNSでプレイを報告している。

 しょこたんは7月29日のブログに、自筆のイラストとともにドラクエXIの発売を喜ぶ声をのせた。

 桐谷はインスタグラムに膝に乗せたニンテンドー3DS版のパッケージ写真を公開。「来たよ来たよ。しばらくひきこもります」と宣言している。

 ドラクエXIとプレイステーション4同梱版の開封動画を公開したのは本田翼。インスタグラムでプレイ報告をしており、思う存分楽しんでいるのがうかがえる。

 いずれも、ドラクエ愛アピールに余念がないようだが、一方で「オタク女子をアピールすることで、男子の人気を獲得しようとしているのではないか」という声も聞こえてくる。

「オタク男子は単純で(笑)、自分が好きなものをいいと言ってくれる女子に弱い。最近、鉄道好きを名乗ったり、アニメ好きを自称する女性タレントが多いのはこれが原因です。うまくやればファン獲得だけでなく、仕事につながったりしますからね。この3人もそうかもしれません」(芸能ライター)

 しょこたんには以前から「ニセヲタ疑惑」がささやかれてきたが、ドラクエ愛だけは本物のようだ。残る2人も“自称”ではないようだ。

「3人とも好きは好きだと思います。ただ、真のドラクエ好きは本田でしょう。ドラクエXIの発表会で、お手本プレイしていた彼女が『かぜきりのはね』というアイテムを手に入れる場面がありました。するとすぐに『売りたい!』と言ったんです。少し説明すると、前作『ドラゴンクエストX』はオンラインゲームで、需要と供給などの関係でゲーム内のアイテムの価格が上下する。当時、『かぜきりのはね』はちょうど高騰している時でした。なので『売りたい』発言につながった。これはドラクエXを相当やりこんでいないとできません」(ゲームライター)

 ハマりすぎて仕事がおろそかにならないよう、お願いしたい。