【TIF2017速報】初日から名アクト連発!注目ステージ&グループ写真満載レポート【TOKYO IDOL FESTIVAL 2017】

写真拡大

今年も、恒例となったTIF2017レポートをお送りします。今年のテーマは速報! なるべく早くの記事公開を目指します! 夕方のステージまでのレポートになりますが、よろしくお付き合いくださいませ。

初日の目標は、なるべくたくさんのステージをチェックすること。毎年少しずつ変更があるTIFのステージ、2日目以降を十二分に楽しむためにも、各ステージの様子を把握しておくことは重要です。

【写真32枚】TIF2017初日、きらめくアイドルたちの写真をもっと見る

もうひとつ、先日のアイドル横丁夏祭り2017レポートで触れられなかったグループもいろいろと見ておきたいところ。最近見れていないグループが気になります!

もちろん、例年通りに臨機応変、行き当たりばったりで進みます。では、いってみましょう!

TIFと言えば笑顔広がるこのステージ!「SMILE GARDEN」

佐々木彩夏 (ももいろクローバーZ)

この日、初めてのステージは登場したあーりんこと、ももいろクローバーZの佐々木彩夏さん。去年に引き続いて朝イチでTIFに登場です!
魅力爆発の『だって、あーりんなんだもーん☆』は大人になってもめっちゃカワイイですね。まるで魔法少女が現実に抜け出てきたよう! 最高にアイドルでした。

アゲアゲに盛り上げグループ登場!「DREAM STAGE」

ここで早速テレコムセンター駅から台場駅へ移動。フジテレビ本社前のDREAM Stageに向かいます。

FES☆TIVE

ステージ上にはお祭りがテーマのグループ、『FES☆TIVE』が登場。TIF初日が始まったばかりとは思えない盛り上がり。

お祭りモチーフの曲ばかりなので、ラッセーラー!連呼なんて、DNAレベルでテンション上がっちゃいますよね。

Pimm’s

続いて登場したのは「Pimm's」。今日のチャイナぽい衣装、すごくいいですね!

こちらも会場を盛り上げまくり。以前に拝見した時よりも、歌唱力が進化しているようにも感じました。ステージのラストでは『ハート色の唇にkiss』を披露。個人的にお気に入りの曲だったので、思わず鳥肌!

郡司英里沙さんが、アイドルとして思いっきり堂々としてパフォーマンスしているのも印象的。かっこよかったです。

快適ステージに人気グループ集結!「HEAT GARAGE」

ここで再度移動開始。DREAM STAGEからほど近い「NTTドコモxフジテレビ5G STAGE」はまだ開場していないということで、ダイバーシティ東京側に向かいます。Zepp DiverCity開場、HEAT GARAGEへ!

はっちゃけ隊 from PASSPO☆

最早アイドルシーンには欠かせないグループとなった感のある 「PASSPO☆」から、「はっちゃけ隊」が登場! いきなり体操から始まるのは、TIFの朝っぽいですね(笑)。

タオル回して長縄を跳んで、明るく楽しく体育会系。TIFはサイコー!サイコー!と連呼したのは思わず同意です。

ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)

先日のグラビアも頑張るアイドル特集や、アイドル横丁夏まつりのグラドル横丁コーナーでもご紹介したぺろりん先生こと鹿目凛さん。彼女が所属するのが「ベボガ!(虹のコンキスタドール黄組)」です。

広告てんこ盛りの新曲MV『4文字メロディー』が話題をさらったりと、かなり注目を集めている彼女達。グループの人気がそれぞれの魅力をさらに磨いているように感じました。ともかく元気でカワイイ!

バクステ外神田一丁目

続いては「バクステ外神田一丁目」が登場。今年のTIFはじめての大人数グループです。見ごたえたっぷりで大きなステージが似合います。
『青春クロニクル』でフォーメーションが3分割になるところは、大人数ならではの醍醐味があります。

ガンダム工事中につき大混雑!「FESTIVAL STAGE」

快適なZepp DiverCityを離れがたいですが、そろそろ他のステージもチェックしたいところ。外に出ると、旧愛称ガンダム前、FESTIVAL STAGEの音が聴こえます。

ご存知の通り、現在ガンダムは工事中。そのおかげで、かなりステージ前は大混雑。ステージにいたチキパは、最後の挨拶しか見れませんでした…。無念!

虹のコンキスタドール

FESTIVAL STAGEに登場したのは、おなじみ「虹のコンキスタドール」。アイドル横丁夏まつりで青組は拝見しましたが、赤組・青組合同での、いわば完全体はかなり久々。


新人特集の頃には予科生から昇格したばかりだった鶴見萌さんや、かわいらしい中学生だった奥村野乃花さん&的場華鈴さんが、本当に美しく成長しています。

特に的場さんはヤングジャンプ主催のサキドルエースにエントリー。去年の根本凪さんに続けての優勝を狙ってほしい!

セトリも良かったですね。『THE☆有頂天サマー!!』『キミは無邪気な夏の女王〜This Summer Girl Is an Innocent Mistress〜』と夏ソングを続けてからの、名曲『トライアングル・ドリーマー』。虹コンは楽曲も大きな武器ですね。

快適ステージで美少女が躍動する「DOLL FACTORY」

ここで湾岸スタジオ側まで徒歩移動。途中で物販とグラドルイベント会場となるGRAND MARKET をグルッと回って見ましたが、かなり広大!そこここでイベントがあって、本当に楽しそう。

そしてたどり着いたのは、お馴染みのステージ「DOLL FACTORY」。今年は以前よりも撮影機材がスッキリしているのでしょうか?とても見やすい印象で、以前あったENJOY STADIUMを思い出しました。

X21

ここで登場したのが、次世代グループ「X21」。美少女ぞろいのこのグループも、いつの間にかお姉さんらしさが出てきました。グループ卒業を間近に控えた吉本実憂さんは、女優オーラが伝わってきます。

『夏だよ!!』は楽しく一体感のある曲。そしてニューシングル『現実から逃げるから現実がツラいんだ』は一転してシリアスな雰囲気の曲。どんな楽曲でも乗りこなせてしまうのは、大きな進化だと思います。

ここを見なくちゃTIFじゃない?!「SKY STAGE」

湾岸スタジオ側に来たら、あのステージに向かわなければ!というわけで、TIFの名物ステージ、SKY Stageに移動します。移動に時間はかかっても、空は曇っていても、やっぱり天空ステージは気持ちイイ!

桜エビ〜ず

先日のアイドル横丁夏まつりで拝見してから、「桜エビ〜ず」はかなり気になっていました。ともかく、楽曲カッコ良すぎなんですよ! めちゃめちゃファンキー!

新曲『わたしロマンス』は、Negicco『トリプル!WONDERLAND』や、夢みるアドレセンス『くらっちゅサマー』などで知られる矢野博康氏作曲!間違いない!

カップリングの『360°シューティングガール』も良かったです。今のアイドルシーンでは、大阪☆春夏秋冬や、フィロソフィーのダンスあたりと通じるネオ・アイドルファンクな音。これからもっと注目すべきグループになるでしょうね。

じぇるの!

次に登場したのが「じぇるの!」。このグループには新メンバーが加入しました。れいにゃんこと青山玲奈さん、おおっ!と思った方もいらっしゃるかも知れませんね。アイドルシーンに戻ってきたんです!

加入後初ステージということでしたが、早くも溶け込んでいて頼もしい限りです。アップテンポな楽曲も楽しくて、見ていて嬉しい気分になりました。

転校少女歌撃団

続いての登場は「転校少女歌撃団」。桜エビ〜ずと同様、横丁夏祭りに続いて拝見することになります。先日のエメラルドグリーンの衣装も美しかったですが、今日の衣装も清楚で可愛い!

と、このあたりで、曇り空とは言えど、湿気と温度で体力を消耗してきました。天空のステージを降りて、ちょっと休憩を入れさせてください…。

休憩時間と計画立案もTIFの一部です!

下界に戻ってちょっと一休み。水分とエネルギーを補給しながらこの後の作戦を練ります。次はどこのステージにするか悩んだり、原稿を打ち込んでいるうちに時間が過ぎ…。

TIFや横丁夏祭りのようなアイドルフェスって、動き回っているうちはいいんですが、一度止まると疲れがドッと出ませんか?
しばらく休息の後、どうにか始動してゆりかもめを使って移動。ダイバーシティ横のFESTIVAL STAGEへ!

心機一転のあのグループ登場!「FESTIVAL STAGE」

LinQ

ここで見たかったのは、九州を拠点に活動する「LinQ」。解体・再開発プロジェクトを経て、新しい形のグループに生まれ変わろうとしています。

この日のLinQは、なんとも美しい浴衣姿で登場。その中で、なぜか一人だけメイド服?なのが伊藤ちゃんこと伊藤麻希さん! プロレスへの挑戦など、目が離せないエンターテーナーになりつつありますね。

しょっぱなを飾った『HANABI!!』や、ラストの『シャイニングスター』など、LinQはコレ!という曲の輝きは何年たっても変わることがありません。いろいろと形は変わりますが、LinQにはその輝きを失わないでほしいなぁ…と願いました。

歴史的アイドルソングから最新シングルまで!「HOT STAGE」

さあ、そろそろ今日まだ足を運んでいないメインステージ「HOT STAGE」に向かいましょう。イベント会場を通り抜ける形になるので、なかなかたどり着かないのですが…。どうにか間に合った!

岡井千聖(元℃-ute)ソロ

今年6月に惜しまれつつ解散した「℃-ute」から、岡井千聖さんがソロでTIF参戦!そのステージ後半に間に合いました!

つばきファクトリーとの『有頂天LOVE』コラボに、ソロでは歴史的アイドルソング『ロマンティック浮かれモード』を熱唱! これは良いものが見れました!

お客さんも、イントロでの土下座はもちろん、コールしてロマンスして回って飛んで…と、もはや伝統芸能の域に入ったヲタ芸で盛り上げます。素晴らしかった!

愛乙女☆DOLL

このあたりでぽつぽつと小雨が。このまま悪化しなければいいんですが…。ステージ上には、らぶどること「愛乙女☆DOLL」が登場します。2017年から新体制となった彼女達のステージも楽しみにしていました。

らぶどるのステージは、いい意味で手堅いんです。可愛いも綺麗もしっかり押さえて、運動量もハンパない。ラストは蒸し暑い中で4曲連続のパフォーマンスを見せてくれました。いやはやすごい体力です。

東京パフォーマンスドール

そして、初日最後に見たのがTPDこと「東京パフォーマンスドール」。久々に見た9人は、カラフルでキュート、個性がハッキリした衣装です。まるで、演劇×ライブ公演 『1×0』のオープニングのよう!

9月発売のミニアルバム「Summer Glitter」のリード曲、「Glitter」はTPDにとって新機軸だと思います。

SCANDALのRINAさんを作詞に迎えた、ミドルテンポの懐かしポップス、かなりのイメチェン!

櫻井さん、飯田さん、神宮さんの3人による派生ユニット「ぐーちょきぱー」のパフォーマンスもあったりと、かなり新機軸を打ち出していた彼女達ですが、ラストのデビュー曲『BRAND NEW STORY』は安心感がありました。

世界最大のアイドルフェスはまだまだ続く!

TPDのHOT STAGEが終わった時点で、夕方17時ごろ。ここからまだまだTIFは続きますが、原稿作業のために一足早くおいとましました。

そうそう、この日「NTTドコモxフジテレビ5G STAGE」ではタイミングが合わずステージが見られなかったのですが、一応会場前までは見に行ってきました。

他のステージと比べると、かなりこじんまりしています。すぐ近くでパフォーマンスが見られるのは利点でしょうね。ただ、入場待ちの列もあったので、ステージ移動は余裕をもってお願いします。

TIFはまだまだ続きます、5日・6日とどんなドラマを見せてくれるのでしょうか? ウレぴあ総研では、最終日の6日も速報をお送りする予定です。お楽しみに! 今回のレポートは以上です。