PSG移籍のネイマールが加入会見 元同僚の“兄貴分”メッシに感謝「僕のお手本」

写真拡大

会見の模様は全世界に中継、「新しいタイトルを手にするためにここに来た」

 バルセロナからパリ・サンジェルマン(PSG)への移籍の決まったブラジル代表FWネイマールが4日、加入記者会見に登場。

 元同僚のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに心から感謝の気持ちを述べた。

 契約解除金がフットボール史上最高額の2億2200万ユーロ(約290億円)を記録したネイマールの会見は、PSGの公式サイトで全世界に動画中継。SNS上ではネイマールのバルサ時代のユニフォームを火で燃やす動画が拡散するなど、“ネイマール憎し”の空気が生まれつつあるが、渦中の本人は吹っ切れたような笑顔を見せて言葉を紡いだ。

「とても幸せだ。自分の気持ちは言い表せないよ。できるだけ多くのタイトルを手にしたい。新しいチャレンジとタイトルを手にするために、ここに来たんだ」

 バルサではUEFAチャンピオンズリーグ1回(2014-15)、リーガ優勝2回(2014-15,、2015-16)、スペイン国王杯優勝3回(2014-15、2015-16、2016-17)を成し遂げた男は、「優勝請負人」としての使命感にあふれていた。

「僕にはバルセロナに友人がいる。移籍は簡単ではなかったが、フットボールの世界はこういうものなんだ。バルセロナからの移籍が人生で最も困難な決断だった。でも、移籍するには正しい瞬間だと思ったんだ。パリにも友人はいるし、すでに居心地の良さを感じている。バルセロナの4年間は幸せだった。悲しさはない。多くのトロフィーを手にできたのだから」

「メッシとプレーすることがモチベーション」

 バルサ退団を「人生で最も困難な決断」としながらも、ブラジル代表DFダニエウ・アウベスら同胞の仲間が待つPSGにすでに適応していることを明らかにしている。

 様々な反響があったなか、ネイマールに温かいメッセージを送った人間がいた。それがメッシだ。バルサの天才は自身のインスタグラムで、「我が友、ネイマールとの時間を過ごせたことは最大の喜びだった。次の人生のステージで多くの幸運がありますように。また会おう。大好きだ」と想いのこもった文面で弟分の門出を祝った。

 今回の移籍は、メッシからの独り立ちを意味するという報道も見受けられた。“バルサの王”がいては、メッシを超えるチャンスはなかなか訪れないとの推測に基づくものだが、ネイマールはこれを完全否定した。

「それは全く逆さ。僕のバルセロナでのモチベーションの1つは、リオネル・メッシと一緒にプレーすることだった。彼は僕のお手本なんだよ。最高の選手とプレーするのは、とても簡単なことなんだ。なぜなら、どの選手も世界最高だからだ。最高の選手たちとタイトルを獲りたかった。僕を歓迎してくれて、リオネル・メッシには感謝している。この4年でたくさんのことを学んだんだ」

 ネイマールは自らの新たな門出でも、親愛なる兄貴分への愛情と感謝は決して忘れなかった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】PSG公式ツイッターに投稿 パリに降り立ったネイマールの軽快なリフティング

https://twitter.com/PSG_inside/status/893451147796787200

PSG公式ツイッターに投稿 パリに降り立ったネイマールの軽快なリフティング