米国で未来を悲観視している従業員が多い職業TOP10 栄養技術士が1位

ざっくり言うと

  • 米国で最も将来に悲観的な職業を報酬調査サイトがアンケート調査した
  • 1位は栄養技術士となり、年収中央値は約230万円で平均よりはるかに低い
  • 年収中央値が約220万円のランドリー・ドライクリーニング業者が続いた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング