クールスターは、日本で初めてとなるフルコースにも対応できるレストラン並の厨房設備を搭載した大型バス「CRUISE KITCHEN(クルーズキッチン)」の運行を開始する。

構想に3年、開発に約1年をかけた。”旅するキッチンバス”をコンセプトに、「巡航する・漫遊するキッチン」という意を込めて命名したという。車内には飲食スペースを設けず、観光スポットや商業施設、キャンプ場、道の駅などで屋外型のレストランを創り出す。食育イベント、結婚式、音楽フェス、観光誘致型レストランなどでの利用を見込む。初年度は80組の利用、8,000万円の売上を目指す。

クールスターは札幌観光バスから独立する形で2016年1月に設立。富裕層向けのカスタムメイド旅行の企画運営、ニセコ「新見温泉」の運営などを行っている。