高速データ伝送のBluetoothイヤホンでハイレゾクラスのいい音狙い

写真拡大 (全2枚)

 Bluetoothのワイヤレス送受信の方法を取り決めるコーデックには標準のSBCのほか、AAC、apt-Xといった高速伝送を図った規格がいくつかある。そのひとつでハイレゾ相当の高音質が楽しめるとしているのがLDAC。このLDACを採用したイヤホン、ラディウスHP-BTL01Kが8月7日に発売になる。店頭予想価格は1万9,980円(税別)。

 LDACはソニーが開発した技術で標準のSBCに比べると約3倍のデータ量の送信が可能。LDAC対応のプレーヤーやスマホ(ソニーの“ハイレゾウオークマン”やXperiaスマホ)を使って、ハイレゾ音源相当(96kHz/24bit)の音質で楽しめる。なお、コーデックはAACとSBCにも対応。

 この高音質伝送に対応するためにイヤホン部分にはラディウス独自の新開発ドライバーユニットを採用。迫力ある低音ときめ細かく伸びやかな高音が再現できるようにしているという。

 ネックバンドタイプでバンドとイヤホン間のケーブルは着けたときにすっきりとなるようにデザイン。充電中も音楽が聴けたり、有線接続でも使えるなど、細かいところまで使いやすさが考えられているのも特徴だ。最大で約7時間の連続再生が可能。