デル・アリ、12歳で「不良」だったと激白

写真拡大

『Mirror』は3日、「トッテナムのイングランド代表MFデル・アリは、少年時代に悪い仲間とつるんでいたことを明かした」と報じた。

トッテナムで大ブレイクを果たし、今やイングランドでも最高クラスのMFとして知られるようになったデル・アリ。

彼は複雑な家庭環境を持っていることで知られている。アメリカに渡った父とは少年時代に別れ、母デニスはアルコール中毒者である。

デルは13歳で家を飛び出し、シティ・コルツ・ボーイズというクラブで同僚だったハリー・ヒックスの家で居候をしていたというエピソードがある。

『GQ』のインタビューに応えたデル・アリは以下のように話し、12歳で午前2時まで街をぶらつくような生活をしていたことを明かした。

デル・アリ

「僕も若いころは何度かトラブルがあった。悪い人たちとともにぶらついていた時期があったよ。

年上の仲間とともに過ごし、僕は彼らがやっていたことを真似ようとしていたんだ。

サッカーは僕にそれから離れるだけのエネルギーを与えてくれたんだ。12歳で午前2時まで街をぶらついていた生活からね」

(トッテナムは今夏あまり補強をしていないね。いつかリーグタイトルを取れる?)

「思うに、頂点からはそれほど離れていないと思うよ。ただ、あと1〜2名の選手が必要かなと思う」