SEKAI NO OWARIが歌う『メアリと魔女の花』の主題歌『RAIN』のジャケット

写真拡大

「空を飛ぶメアリを見て、『私も魔女になってほうきで飛んでみたい!』ってワクワクしちゃいました」(7才・小学生)
「あぁ、魔法が使えたらいいのになぁ…なんて夢見ていた、子供時代を思い出しました」(39才・主婦)

 この夏休み大注目の映画『メアリと魔女の花』を見た人は、子供も大人もこう胸を躍らせる。本作は『借りぐらしのアリエッティ』(2010年)や『思い出のマーニー』(2014年)で知られる米林宏昌監督がスタジオジブリ退社後、初めて手がけた長編アニメーション作品。興行収入は公開3週間で15億円超と、好調なスタートを切った。

 天真爛漫だが、不器用な赤毛の主人公・少女メアリは7年に1度しか咲かない禁断の花を見つける。花によって一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは“魔女”となって大冒険を繰り広げる。

 スタジオポノックを立ち上げた西村義明プロデューサーは、『メアリ』の制作に至った経緯についてこう明かしてくれた。

「『思い出のマーニー』の試写会で、ある男性から“きみたち、こんな映画ばかり作っていたらダメだよ! 子供が理解できないから、上映中、ずっと走り回ってたよ”とお叱りを受けました。マーニーのような物語構造が子供には、少し難しかったようです。そこで米林監督とともに、『わが子に見せたい』作品をコンセプトに掲げて制作を始めました」

 スクリーンを所狭しと動き回るメアリは、まさに2人にとって理想のヒロインなのだ。見所を西村プロデューサー、米林監督の証言をもとに紹介する。

◆赤い館にはモデルがあった!

 メアリが暮らす大きな洋館。赤い煉瓦に覆われ、「赤い館」と呼ばれている。この赤い館を描く上で参考にした家があったことは、あまり知られていない。

 米林監督やスタッフはリアリティーを追求するため、原作『The Little Broomstick』の舞台である英国の田舎町・シュロップシャー州の古い館を巡ったという。

「宿泊したいくつかのホテルを取材して、いいところを組み合わせて『赤い館』は出来上がりました。劇中に出てくるキッチンタイルの柄や脚が緩やかにカーブするテーブルは、実際に泊まったホテルにあったものです。メアリがお手伝いする庭の菊も、私が出合った赤紫の菊を表現しています」(米林監督)

 宿泊したホテルには、記念の印にと、オーナーが作った『STUDIOスタジオ PONOC』と記された手作りの看板が掲げられている。

◆猫のティブはピカチュウと同じ声!?

“魔女の相棒”といえば、黒猫が定番。メアリの相棒も黒猫のティブ。実はティブの声を担当しているのは、『ポケットモンスター』でピカチュウを演じている声優の大谷育江さん(51才)なのだ。

「ティブは擬人化した猫のキャラクターではなく、普通の猫。通常、猫の感情を声で表現しようとするとどうしてもキャラっぽくなってしまう。今回は猫役だけのためにオーディションを実施しました。大谷さんはべらぼうにうまかった! さすが、『ピカチュウ』という言葉だけでさまざまな感情を表現してきた人です。あまりにすばらしくて、とある場面でメアリに『お帰りなさいませ』と声をかける、光の精役もお願いしたほどです(笑い)」(西村さん)

※女性セブン2017年8月17日号